目次を表示しない

Workgroup PDM の使用(Using Workgroup PDM)

CircuitWorks は アセンブリを構成する搭載部品に使用するために SolidWorks Workgroup PDM ボルトを検索することができます。

アセンブリを構成していくとき、Workgroup PDM 有り、または無しで、CircuitWorks は常に搭載部品ライブラリの搭載部品を検索します。 CircuitWorks は次の両方の場合にアセンブリで部品を参照します:
  • 搭載部品ライブラリにデータベースレコードが存在するとき
  • 搭載部品ライブラリの搭載部品フォルダに対応する部品ファイルが存在するとき
搭載部品が搭載部品ライブラリで見つからないとき、CircuitWorks はそれを生成し、搭載部品ライブラリに追加します。
SolidWorks Workgroup PDM または SolidWorks Enterprise PDM で管理されている構成部品がアイコンで示されるようになりました。

Workgroup PDM を使用するとき、CircuitWorks はまだ最初に搭載部品ライブラリをチェックします。 搭載部品レコードがライブラリにあり、しかし対応する部品が搭載部品フォルダにないとき、 CircuitWorks は同じ名前をもつファイルを Workgroup PDM ボルトで検索します。 見つかった場合、CircuitWorks は最新バージョンの搭載部品ファイルをローカルな PDM フォルダへコピーします。

例えば、部品名 1412261を持つ搭載部品名 0805R の電気系CADファイルを処理しているとき、CircuitWorks は 0805R_1412261.sldprt を搭載部品ライブラリの搭載部品フォルダで検索します。 もしこのファイルが見つからず、Workgroup PDM のアドインがされている場合、CircuitWorks は 0805R_1412261.sldprt のためのWorkgroup PDM ボルトを検索します。 見つかった場合、CircuitWorks は最新バージョンのファイルをボルトから PDM フォルダへコピーします。 CircuitWorks は作成するアセンブリでこのローカルコピーを参照します。
CircuitWorks は Workgroup PDM からコピーするファイルで搭載部品ライブラリを更新しません。
CircuitWorks オプション - モデル(CircuitWorks Options - Models) から搭載部品ライブラリの搭載部品フォルダの位置を設定し、CircuitWorks オプション - ライブラリ(CircuitWorks Options - Library)から Workgroup PDM ローカルフォルダを設定することができます。


トピックについてフィードバックを送信

ヘルプに関してフィードバックを送信することができます。しかし、ドキュメンテーション グループはテクニカル サポートに関する質問に答えることはできません。 テクニカル サポートに関する情報はここをクリックしてください

* 必要項目

 
*電子メール:  
件名:   トピックのフィードバック
ページ:   Workgroup PDM の使用(Using Workgroup PDM)
*コメント:  
*   プライバシー ポリシーを読み、個人情報が Dassault Systèmes によって使用されることに同意します。

トピックの印刷

印刷するコンテンツの範囲を選択:



x

Internet Explorer 7 より古いブラウザ バージョンが検知されました。 表示を最適化するにはInternet Explorer 7 以上のブラウザ バージョンにアップグレードしてください。

 今後このメッセージを表示しない
x

Web ヘルプ コンテンツ バージョン: SOLIDWORKS 2012 SP05

SOLIDWORKS で Web ヘルプを無効にして、ローカル ヘルプを使用するには、ヘルプ > SOLIDWORKS Web ヘルプ使用 をクリックしてください。

Web ヘルプのインタフェースや検索機能に関する問題は、お客様のサポート担当者までご連絡ください。各トピック ページの「トピックについてフィードバックする」リンクを使用し、各ヘルプ トピックについてフィードバックを送信することもできます。