目次を表示しない

始点-終点リスト

始点-終点リスト(From-To List)は次のアイテムを定義するExcelスプレッドシートです:

  • ルート ケーブルアセンブリの各ワイヤの電気接続データ。

  • ワイヤが接続するコネクタ、ターミナル ブロックやリング ターミナルなどの構成部品。

始点-終点リストでは、新規、または既存のルート サブアセンブリ内に接続データと構成部品データの両方をインポートできます。また、接続データ(構成部品データなし)、または構成部品データ(接続データなし)のみをインポートすることもできます。始点-終点リストは必ずしも使用すべきものではありません。- ルートを作成する際に接続データを入力し、マニュアル操作で構成部品を挿入することもできます。

始点-終点リストインポートした後、バンドル化し、ルートを完成させるために必要なワイヤ接続を示すガイドラインを表示できます。自動ルート PropertyManager で、ガイドラインをルートに変換する際のオプションを選択できます。

始点-終点リストを作成するには、次のいずれかを実行します:

  • 電気接続データをExcelスプレッドシート フォーマットで生成可能な任意のサードパーティ スキマティック プログラムを使用します。

  • マニュアル操作でExcelスプレッドシートを作成します。

ルーティング電気ライブラリ ウィザード(Routing Electrical Library Wizard)を使用して、始点-終点データを作成/編集/インポートできます。

複数のサードパーティの電気配線パッケージのネットリストをインポートし、SolidWorks における電気ルートの作成を実施することが可能です。データのインポートは、電気ツールバーの始点/終点から開始 (Start By From/To)をクリックするか、あるいはネットリストをアセンブリにドラッグすることにより行えます。次のパッケージがサポートされます: AUCOTECAutoCAD Electrical、E3、IGE+XAO、Mentor (VeSys)、QC Pro

始点-終点リストを使用する場合、ケーブル/ワイヤ ライブラリと構成部品ライブラリが必要です。

始点-終点リストには、次のフィールドが含まれています。

フィールド(fields)

Description

ワイヤ名

T2 Signal または GND1などワイヤを識別する表記名。このフィールドは情報を記入するためのもので、値はソフトウェアでは使用されません。

 

始点参照

motor1またはcon3など、ワイヤの接続先の最初の構成部品への参照名。

データのインポートの後に構成部品の挿入 (Insert Component)を使用して構成部品を配置すると、配置した構成部品はこの参照名へと自動的に名前変更されます。

始点ピン

ワイヤの接続先のピン番号/名前です。このフィールドは情報を記入するためのもので、値はソフトウェアでは使用されません。

部品名

db9-plug5pindin-plugなど、この構成部品参照名のコネクタの部品名です。

構成部品のSolidWorks 部品ドキュメントと相互参照するには、このフィールドの値は構成部品ライブラリ部品名(Part number)フィールドの値と一致する必要があります。

終点参照

motor1またはcon3など、ワイヤの接続先の2つめの構成部品への参照名。

終点ピン

ワイヤの接続先のピン番号/名前です。このフィールドは情報を記入するためのもので、値はソフトウェアでは使用されません。

部品名

db9-plug5pindin-plugなど、この構成部品参照名のコネクタの部品名です。

構成部品のSolidWorks 部品ドキュメントと相互参照するには、このフィールドの値は構成部品ライブラリ部品名(Part number)フィールドの値と一致する必要があります。

ケーブル名

ワイヤがケーブルのコアである場合、ケーブルの名前をいいます。個別のワイヤは空欄のままにします。

コア名

ワイヤがケーブルのコアである場合、ケーブルのコア名をいいます。個別のワイヤは空欄のままにします。

このフィールドの値はケーブル/ワイヤ ライブラリのワイヤ名(Wire name)フィールドの値と一致する必要があります。

(将来的に使用するために)

ワイヤ仕様

ワイヤ、またはケーブルの部品名です。

このフィールドの値はケーブル/ワイヤ ライブラリの部品名(Part number)フィールドの値と一致する必要があります。

その他

ユーザー定義属性のヘッダー名。

始点-終点Excel ファイルをマニュアル操作で作成するには:

上記の表に含まれているフィールドを含むExcel ファイルを作成します。次の点にご注意ください:

  • データは列Aから開始する必要がありますが、最初の行から開始する必要はありません。

  • ワイヤ名(Wire name)は最初のフィールド内、また列A内に記載されている必要があります。注記に記載されている事項を除き、残りのフィールドの順番はそれほど重要ではありません。

    • 2つの部品名(Part number)フィールドは、Excelスプレッドシート内で同じ名前をもつことができます。この場合、それぞれ、始点参照(From reference)と終点参照(To reference)フィールドの後に表示される必要があります。

    • 始点ピン(From pin)と 終点ピン(To pin)フィールドは、Excelスプレッドシート内で同じ名前をもつことができます。この場合、それぞれ、始点参照(From reference)と終点参照(To reference)フィールドの後に表示される必要があります。

  • Excel ファイルのフィールドのヘッダー名に別の名前を使用し、Excel ファイルをインポートする際にヘッダー定義 フィールドと相互参照することができます。

  • 接続データ(構成部品データなし)をインポートする際、部品名(Part number)フィールドを除くことができます。

  • 構成部品データ(接続データなし)のみインポートする場合、1つの参照フィールド (始点参照(From Reference)または終点参照(To reference)) と1つの部品名(Part number)フィールドを除くことができます。

始点-終点リストにデータをインポートする方法については、電気配線作成のために始点-終点リストをインポートするを参照してください。

 



トピックについてフィードバックを送信

ヘルプに関してフィードバックを送信することができます。しかし、ドキュメンテーション グループはテクニカル サポートに関する質問に答えることはできません。 テクニカル サポートに関する情報はここをクリックしてください

* 必要項目

 
*電子メール:  
件名:   トピックのフィードバック
ページ:   始点-終点リスト
*コメント:  
*   プライバシー ポリシーを読み、個人情報が Dassault Systèmes によって使用されることに同意します。

トピックの印刷

印刷するコンテンツの範囲を選択:



x

Internet Explorer 7 より古いブラウザ バージョンが検知されました。 表示を最適化するにはInternet Explorer 7 以上のブラウザ バージョンにアップグレードしてください。

 今後このメッセージを表示しない
x

Web ヘルプ コンテンツ バージョン: SOLIDWORKS 2012 SP05

SOLIDWORKS で Web ヘルプを無効にして、ローカル ヘルプを使用するには、ヘルプ > SOLIDWORKS Web ヘルプ使用 をクリックしてください。

Web ヘルプのインタフェースや検索機能に関する問題は、お客様のサポート担当者までご連絡ください。各トピック ページの「トピックについてフィードバックする」リンクを使用し、各ヘルプ トピックについてフィードバックを送信することもできます。