目次を表示しない

構成部品データのインポートPropertyManager(Import Component Data PropertyManager)

構成部品データのインポート(Import Component Data) PropertyManagerで、.xml ファイルへExcelファイルをインポートし、構成部品ライブラリを作成します。

ルーティング電気ライブラリ ウィザード(Routing Electrical Library Wizard)を使用しても電気ケーブルと構成部品データを作成/編集/インポートできます。

PropertyManager は次のプロパティをコントロールします:

構成部品ライブラリのインポート

インポート ライブラリ(Import library):インポートするExcelファイルを指定します。

構成部品ライブラリ ファイル(Component library file):ターゲットの.xmlファイルを指定します。.xml ファイルをルーティング ファイル位置(Routing File Locations)で指定した位置に必ず保存してください。

  • マージ ライブラリ データ(Merge library data):既存ライブラリにExcelファイルからのデータを追加する場合に選択します。既存ライブラリの全てのデータを置き換えるには選択解除します。

  • 既存の構成部品を上書き(Overwrite existing components):既存ライブラリ構成部品のデータをExcelファイルのデータで上書きする場合に選択します。Excelファイルから新規構成部品のみ選択するには、選択解除します。

ヘッダー定義(Excel)

Excelファイルのヘッダーテキストを該当するヘッダー定義フィールドへと入力します。例えば、Excel ファイルの部品名コラムのヘッダーとしてPartNoを使用している場合、部品名(Part number)にPartNoを入力します。

複数のExcel ヘッダーをヘッダー定義フィールドにセミコロン(スペースなし)で区切って入力できます。例えば、PartNoというヘッダーをもつExcelファイルをときにインポートし、また別のExcel ファイルではヘッダーPNを使用している場合には、部品名(Part number)にPartNo;PNと入力します。次回Excelファイルをインポートする際、2つのエントリが表示され、どちらも認識されます。

 



トピックについてフィードバックを送信

ヘルプに関してフィードバックを送信することができます。しかし、ドキュメンテーション グループはテクニカル サポートに関する質問に答えることはできません。 テクニカル サポートに関する情報はここをクリックしてください

* 必要項目

 
*電子メール:  
件名:   トピックのフィードバック
ページ:   構成部品データのインポートPropertyManager(Import Components Data PropertyManager)
*コメント:  
*   プライバシー ポリシーを読み、個人情報が Dassault Systèmes によって使用されることに同意します。

トピックの印刷

印刷するコンテンツの範囲を選択:



x

Internet Explorer 7 より古いブラウザ バージョンが検知されました。 表示を最適化するにはInternet Explorer 7 以上のブラウザ バージョンにアップグレードしてください。

 今後このメッセージを表示しない
x

Web ヘルプ コンテンツ バージョン: SOLIDWORKS 2012 SP05

SOLIDWORKS で Web ヘルプを無効にして、ローカル ヘルプを使用するには、ヘルプ > SOLIDWORKS Web ヘルプ使用 をクリックしてください。

Web ヘルプのインタフェースや検索機能に関する問題は、お客様のサポート担当者までご連絡ください。各トピック ページの「トピックについてフィードバックする」リンクを使用し、各ヘルプ トピックについてフィードバックを送信することもできます。