Expand はじめにはじめに
Expand 管理管理
Expand ユーザー インタフェースユーザー インタフェース
Expand SolidWorks の基礎SolidWorks の基礎
Expand 2D から 3D へ移行2D から 3D へ移行
Expand アセンブリアセンブリ
Expand CircuitWorksCircuitWorks
Expand コンフィギュレーションコンフィギュレーション
Expand CostingCosting
Expand Design CheckerDesign Checker
Expand SolidWorksにおけるデザイン スタディSolidWorksにおけるデザイン スタディ
Expand 図面および詳細設定図面および詳細設定
Expand DFMXpressDFMXpress
Expand DriveWorksXpressDriveWorksXpress
Expand FloXpressFloXpress
Expand インポート/エクスポートインポート/エクスポート
Expand ラージ スケール デザインラージ スケール デザイン
Expand モデル表示モデル表示
Expand モールド設計モールド設計
Expand モーション スタディモーション スタディ
Expand 部品とフィーチャー部品とフィーチャー
Collapse ルーティングルーティング
Expand SolidWorks Routing の概要SolidWorks Routing の概要
Expand はじめにはじめに
Expand ルーティング オプションとファイル位置を設定するルーティング オプションとファイル位置を設定する
Expand ルーティング テンプレートルーティング テンプレート
Expand ルート プロパティルート プロパティ
Expand 合致参照合致参照
Expand ルーティング ライブラリとルーティング構成部品ウィザードルーティング ライブラリとルーティング構成部品ウィザード
Expand ルーティング機能点ルーティング機能点
Expand 配管とチューブを使用したルーティング配管とチューブを使用したルーティング
Expand ハーネス内の電気ワイヤとケーブルでルーティングハーネス内の電気ワイヤとケーブルでルーティング
Expand ルーティング アセンブリの管理ルーティング アセンブリの管理
Collapse Routing Library ManagerRouting Library Manager
Expand ルーティング構成部品ウィザードルーティング構成部品ウィザード
Expand ケーブル ワイヤ ライブラリ ウィザードケーブル ワイヤ ライブラリ ウィザード
Expand 構成部品ライブラリ ウィザード構成部品ライブラリ ウィザード
Expand カバー ライブラリ ウィザードカバー ライブラリ ウィザード
Expand タグ スキーム マネージャタグ スキーム マネージャ
ルーティング ファイル位置と設定ダイアログボックス
Collapse 配管と管材データベース配管と管材データベース
配管と管材データベース ダイアログボックス
構成部品を選択ダイアログボックス
データのインポート ダイアログボックス
データのエクスポート ダイアログボックス
ルート プロパティ ダイアログボックス
Expand 用語集用語集
Expand 板金板金
Expand SimulationSimulation
Expand SimulationXpressSimulationXpress
Expand スケッチスケッチ
Expand Sustainability 製品Sustainability 製品
Expand SolidWorks UtilitiesSolidWorks Utilities
Expand 公差公差
Expand ToolboxToolbox
Expand 溶接溶接
Expand Workgroup PDMWorkgroup PDM
Expand トラブルシューティングトラブルシューティング
Expand 用語集用語集
目次を表示しない

配管と管材データベース ダイアログボックス(Piping and Tubing Database Dialog Box)

配管と管材データベースは配管と管材の部品コンフィギュレーションを含みます。 不完全なP&ID データから Routing アセンブリを作成するとき、構成部品選択を合理化するためにデータベースでコンフィギュレーションをフィルタリングするか、または修正することができます。

詳細については、ベストプラクティス - 部品のコンフィギュレーション を参照してください。

このダイアログボックスを表示するには次のいずれかを実行します:
  • ルーティング > ルーティング ツール > Routing Library Manager をクリックし、配管と管材データベース をクリックします。
  • Windows のスタート(Start)メニューから すべてのプログラム > SolidWorks <バージョン番号> > SolidWorks ツール > SolidWorks <バージョン番号> Routing Library Manager > 配管と管材データベース を選択します。
  構成部品選択 部品をルーティング ライブラリに追加します。 次を選択した場合:
  • 既にインポートされています(Already imported) - 部品のタイプ(Type)とサブタイプ(SubType)を設定できます。
  • まだインポートされていません(Not yet imported) -データベースにまだ含まれていないライブラリ パス(Library path)ディレクトリがリストされます。
  データ インポート ルーティング ライブラリ部品をデータベースにインポートします。
  データのエクスポート データベース テーブルにあるデータをルーティング ライブラリ部品ファイルにエクスポートします。
  タイプ(Type) 選択された部品タイプのすべてのコンフィギュレーションのデータを表示します。
  サブタイプ(SubType) 利用可能な場合、グローブ バルブ等部品の特殊なタイプを表示します。
  SKEY 選択されたSKEYを部品のすべてのコンフィギュレーションに割り当てます。
  ファイル名(File Name) 部品名を表示します。
  コンフィギュレーション名(Config Name) コンフィギュレーション名を表示します。
  サイズ(Size) コンフィギュレーションの名目サイズを表示します。
  パス(Path) 部品の場所を表示します。
  スケジュール(Schedule) 業界標準によって定義されるコンフィギュレーション スケジュールを表示します。
  クラス(Class) 業界標準によって定義される、コンフィギュレーションが対応できる圧力定格を表示します。
  部品番号(Part number)、 詳細(Description)、材料(Material)、メーカー(Manufacturer) ルーティング ライブラリ部品からユーザー定義の情報を表示します。
フィルター(Filter) 選択されたフィルタリング基準に基づいてデータベース列をフィルタリングします。
列追加(Add Column) 列をプロパティにマッピング(Mapping Column to Property)ダイアログボックスを開き、プロパティを選択した後テーブルに列を追加します。 また、列データをユーザーが入力するユーザー定義プロパティを追加することもできます。
列をプロパティにマッピング(Mapping Column to Property) 追加した列を、部品の選択されたファイル プロパティにマッピングします。
  保存(Save) 変更をデータベースに保存します。


トピックについてフィードバックを送信

ヘルプに関してフィードバックを送信することができます。しかし、ドキュメンテーション グループはテクニカル サポートに関する質問に答えることはできません。 テクニカル サポートに関する情報はここをクリックしてください

* 必要項目

 
*電子メール:  
件名:   トピックのフィードバック
ページ:   配管と管材データベース ダイアログボックス(Piping and Tubing Database Dialog Box)
*コメント:  
*   プライバシー ポリシーを読み、個人情報が Dassault Systèmes によって使用されることに同意します。

トピックの印刷

印刷するコンテンツの範囲を選択:



x

Internet Explorer 7 より古いブラウザ バージョンが検知されました。 表示を最適化するにはInternet Explorer 7 以上のブラウザ バージョンにアップグレードしてください。

 今後このメッセージを表示しない
x

Web ヘルプ コンテンツ バージョン: SOLIDWORKS 2012 SP05

SOLIDWORKS で Web ヘルプを無効にして、ローカル ヘルプを使用するには、ヘルプ > SOLIDWORKS Web ヘルプ使用 をクリックしてください。

Web ヘルプのインタフェースや検索機能に関する問題は、お客様のサポート担当者までご連絡ください。各トピック ページの「トピックについてフィードバックする」リンクを使用し、各ヘルプ トピックについてフィードバックを送信することもできます。