目次を表示しない

クリップを通るルーティング(Routing through Clips)

クリップ(clip)を通してルートを通す方法はいくつかあります。

クリップをドロップして自動的にルートを作成するには:

  1. ツール(Tools)、オプション(Options)、システム オプション(System Options)、ルーティング(Routing)をクリックし、 クリップがドロップされたら自動的にルートを作成(Automatically route on drop of clips)を選択します。

  2. ルートサブアセンブリを編集し、必要に応じてコネクタを追加します。次にコネクタの1つからルートを開始するか、または任意のルート セグメントの端の点を選択し、現在のルートの終わりを定義します。

  3. ルート内にクリップをドラッグし、適切な位置へとドロップします。

    現在のルートの端からクリップ上の一番近いルート点へとスプラインが追加されます。ルートの端は、クリップの2つめのルート点へと自動的に移動します。次のクリップを配置、または直線やスプラインを描く、またはコネクタ構成部品の端を選択してルートを継続します。クリップは、ルートサブアセンブリの構成部品です。

既存のセグメントをクリップを通してルートするには:

  1. クリップ通過ルート(Route Through Clip)(ルーティング ツール ツールバー)をクリック、またはルーティング(Routing)、ルーティング ツール(Routing Tools)、クリップ通過ルート(Route Through Clip)をクリックします。

  2. PropertyManager で、ルート セグメントとクリップを指定します。

  3. をクリックします。

ルーティングモード(Routing Mode)でスプラインの再ルート(Reroute spline)を選択し( 自動ルート PropertyManager )、選択されたクリップを通るようにルートを更新できます。

ルート サブアセンブリ内にクリップを事前に配置するには:

  1. ツール(Tools)、オプション(Options)、システム オプション(System Options)、ルーティング(Routing)をクリックし、クリップがドロップされたら自動的にルートを作成(Automatically route on drop of clips)を選択解除します。

  2. ルート サブアセンブリを編集し、コネクタやクリップを追加し、必要に応じて位置付けします。

  3. コネクタの1つからルートを開始するか、または任意のルート セグメントの端の点を選択し、現在のルートの終わりを定義します。

  4. 自動ルート (Auto Route)(ルーティング ツール ツールバー)をクリック、またはルーティング(Routing)、ルーティング ツール(Routing Tools)、自動ルート(Auto Route)をクリックします。

  5. クリップの軸を選択します。

    現在のルートの端からクリップ上の一番近いルート点へとスプラインが追加されます。ルートの端は、クリップの2つめのルート点へと自動的に移動します。次のクリップの軸を選択、または直線やスプラインを描く、またはコネクタ構成部品の端を選択してルートを継続します。クリップは、ルートサブアセンブリの構成部品です。

メインのアセンブリにクリップを事前に配置するには:

  1. メインのアセンブリにクリップを挿入し位置付けします。

  2. ルートサブアセンブリを編集し、必要に応じてコネクタを追加します。次にコネクタの1つからルートを開始するか、または任意のルート セグメントの端の点を選択し、現在のルートの終わりを定義します。

  3. 自動ルート (Auto Route)(ルーティング ツール ツールバー)をクリック、またはルーティング(Routing)、ルーティング ツール(Routing Tools)、自動ルート(Auto Route)をクリックします。

  4. クリップの軸を選択します。

    現在のルートの端からクリップ上の一番近いルート点へとスプラインが追加されます。ルートの端は、クリップの2つめのルート点へと自動的に移動します。次のクリップの軸を選択、または直線やスプラインを描く、またはコネクタ構成部品の端を選択してルートを継続します。クリップは、主要アセンブリの構成部品であり、ルート サブアセンブリの構成部品ではありません

クリップを無視して再ルートを通すこともできます。



トピックについてフィードバックを送信

ヘルプに関してフィードバックを送信することができます。しかし、ドキュメンテーション グループはテクニカル サポートに関する質問に答えることはできません。 テクニカル サポートに関する情報はここをクリックしてください

* 必要項目

 
*電子メール:  
件名:   トピックのフィードバック
ページ:   クリップを通るルーティング(Routing through Clips)
*コメント:  
*   プライバシー ポリシーを読み、個人情報が Dassault Systèmes によって使用されることに同意します。

トピックの印刷

印刷するコンテンツの範囲を選択:



x

Internet Explorer 7 より古いブラウザ バージョンが検知されました。 表示を最適化するにはInternet Explorer 7 以上のブラウザ バージョンにアップグレードしてください。

 今後このメッセージを表示しない
x

Web ヘルプ コンテンツ バージョン: SOLIDWORKS 2012 SP05

SOLIDWORKS で Web ヘルプを無効にして、ローカル ヘルプを使用するには、ヘルプ > SOLIDWORKS Web ヘルプ使用 をクリックしてください。

Web ヘルプのインタフェースや検索機能に関する問題は、お客様のサポート担当者までご連絡ください。各トピック ページの「トピックについてフィードバックする」リンクを使用し、各ヘルプ トピックについてフィードバックを送信することもできます。