目次を表示しない

ロールバック バー

FeatureManager ロールバックバー、またはショートカットメニューを使用すると、一時的にモデルに対して、吸収フィーチャーへとロールバック (roll back to absorbed features)、 ロール フォワード (roll forward)、前の状態へロール (roll to previous)、FeatureManager デザイン ツリーの最後までロール (roll to the end) の操作を行うことができます。

新規フィーチャーを追加、またはモデルがロールバック状態にある場合に既存フィーチャーを編集します。ロールバック バーがどこにあってもモデルを保存することができます。ドキュメントを再び開いたとき、ロールバックコマンドを使用でき、そして保存された位置へ、バーをドラッグすることも可能です。

FeatureManager デザイン ツリーでロールバック バーを上下にドラッグして、再構築のステップを先に進めたり (ロール フォワード)、前に戻したり (ロールバック) することができます。

- または -

ロールバック バーをクリックし、キーボードの上矢印または下矢印キーを使用して、ロールバックバーを上下に移動します。

この矢印キーを使用を有効化するには、ツール(Tools)、オプション(Options)、システム オプション(System Options)、 FeatureManager をクリックして、矢印キーでナビゲート (Arrow key navigation) を選択します。

ロールバックを行うと FeatureManager デザイン ツリーのアイコンは灰色になり、使用できなくなります。

ロールバックバーのドラッグ(Dragging the Rollback Bar)

部品を元の状態に戻すには:

吸収フィーチャーへとロールバックするには :

モデルをロールフォワードするには:

モデルを前のロールバック状態へロールするには:

モデルの最後までロールするには:

 



トピックについてフィードバックを送信

ヘルプに関してフィードバックを送信することができます。しかし、ドキュメンテーション グループはテクニカル サポートに関する質問に答えることはできません。 テクニカル サポートに関する情報はここをクリックしてください

* 必要項目

 
*電子メール:  
件名:   トピックのフィードバック
ページ:   ロールバック バー
*コメント:  
*   プライバシー ポリシーを読み、個人情報が Dassault Systèmes によって使用されることに同意します。

トピックの印刷

印刷するコンテンツの範囲を選択:



x

Internet Explorer 7 より古いブラウザ バージョンが検知されました。 表示を最適化するにはInternet Explorer 7 以上のブラウザ バージョンにアップグレードしてください。

 今後このメッセージを表示しない
x

Web ヘルプ コンテンツ バージョン: SOLIDWORKS 2012 SP05

SOLIDWORKS で Web ヘルプを無効にして、ローカル ヘルプを使用するには、ヘルプ > SOLIDWORKS Web ヘルプ使用 をクリックしてください。

Web ヘルプのインタフェースや検索機能に関する問題は、お客様のサポート担当者までご連絡ください。各トピック ページの「トピックについてフィードバックする」リンクを使用し、各ヘルプ トピックについてフィードバックを送信することもできます。