Expand はじめにはじめに
Expand 管理管理
Expand ユーザー インターフェースユーザー インターフェース
Expand SOLIDWORKS の基礎SOLIDWORKS の基礎
Expand 2D から 3D へ移行2D から 3D へ移行
Expand アセンブリアセンブリ
Expand CircuitWorksCircuitWorks
Expand コンフィギュレーションコンフィギュレーション
Expand SOLIDWORKS CostingSOLIDWORKS Costing
Expand Design CheckerDesign Checker
Expand SOLIDWORKS のデザイン スタディSOLIDWORKS のデザイン スタディ
Expand 詳細設定と図面詳細設定と図面
Expand DFMXpressDFMXpress
Expand DriveWorksXpressDriveWorksXpress
Expand FloXpressFloXpress
Expand SLDXML データ交換SLDXML データ交換
Expand インポート/エクスポートインポート/エクスポート
Expand モデル表示モデル表示
Expand モールド設計モールド設計
Expand モーション スタディモーション スタディ
Expand 部品とフィーチャー 部品とフィーチャー
Expand ルーティングルーティング
Expand 板金板金
Collapse シミュレーションシミュレーション
SOLIDWORKS Simulation ヘルプへようこそ
ヘルプへのアクセスと使用
著作権に関する注意書き
SOLIDWORKS Simulation リファレンス
Expand SOLIDWORKS Simulation の機能SOLIDWORKS Simulation の機能
Expand 解析の基礎知識解析の基礎知識
Expand Simulation オプションSimulation オプション
Expand Simulation スタディSimulation スタディ
Expand サブモデリング スタディサブモデリング スタディ
Expand デザイン スタディデザイン スタディ
Expand 2D 簡略化の実行のワーフフロー2D 簡略化の実行のワーフフロー
Expand 複合シェル複合シェル
Expand 荷重と拘束条件荷重と拘束条件
Collapse メッシュメッシュ
固体メッシュ
Expand シェル メッシュシェル メッシュ
メッシュの再構築
互換性のあるメッシュと互換性のないメッシュ
メッシュ パラメータ
メッシュ オプション
Expand メッシュ作成のヒントメッシュ作成のヒント
Expand メッシュ PropertyManagerメッシュ PropertyManager
Expand メッシュ コントロール パラメータメッシュ コントロール パラメータ
Expand 増分メッシュ増分メッシュ
Expand メッシュ特性チェックメッシュ特性チェック
メッシュ診断
Expand 接触解析接触解析
Expand Simulation 材料Simulation 材料
Expand パラメータパラメータ
Expand 解析ライブラリ フィーチャー解析ライブラリ フィーチャー
Expand 解析結果の表示解析結果の表示
Expand スタディのレポートスタディのレポート
Expand 安全率チェック安全率チェック
Expand SimulationXpressSimulationXpress
Expand スケッチングスケッチング
Expand Sustainability 製品Sustainability 製品
Expand SOLIDWORKS MBDSOLIDWORKS MBD
Expand SOLIDWORKS UtilitiesSOLIDWORKS Utilities
Expand 公差公差
Expand TolAnalystTolAnalyst
Expand ToolboxToolbox
Expand 溶接溶接
Expand Workgroup PDMWorkgroup PDM
Expand トラブルシューティングトラブルシューティング
用語集
目次を表示しない

メッシュ PropertyManager(Mesh PropertyManager)

メッシュ PropertyManager は、固体、シェル、混在メッシュ スタディのメッシュを行います。 この PropertyManager は、梁スタディでは使用しません。

メッシュ PropertyManager を表示するには:

部品またはアセンブリを開き、実行 で下矢印 をクリックして メッシュ作成 ST_Create_Mesh.gif を選択します。

メッシュ密度(Mesh Density)

メッシュ率 スライダーを使用して、平均要素サイズや許容誤差を変更できます。 左端(粗い)に動かすと、平均要素サイズはデフォルトの 2 倍に設定されます。 右端(細い)に動かすと、平均要素サイズはデフォルトサイズの 1/2 に設定されます。
  リセット(Reset) スライダーをデフォルト設定にリセットします。

メッシュパラメータ(Mesh Parameters)

平均要素サイズ、許容誤差、オプションを設定します。

  標準メッシュ Voronoi-Delaunay 法メッシング スキームに基づいてメッシュ分割を実行します。
  曲率ベースのメッシュ (Curvature based mesh) 曲率ベースのメッシング スキームに基づいてメッシュ分割を実行します。 メッシャーは、曲率の高い部分では自動的に(メッシュ コントロール設定は必要とせず)要素数を増やします。
曲率ベースのメッシャーは、アセンブリおよびマルチボディ部品のドキュメントでのマルチスレッドのサーフェス メッシュおよびボリューム メッシュをサポートします。 標準メッシャーは、マルチスレッド ボリューム メッシュのみをサポートします。
units.png 単位 メッシュサイズと許容誤差の単位を設定します。
max_element_size.png 平均要素サイズ 標準メッシュのみで使用できます。 平均要素サイズを設定します。 ソフトウェアでは、モデルの体積と面積からデフォルトの要素サイズが設定されます。
  許容値 標準メッシュのみで使用できます。 許容誤差を設定します。 このプログラムでは、次の量の最小をメッシュの許容誤差の値として算出します。
  • 全体要素サイズの 5%(デフォルト値)
  • メッシュ コントロール PropertyManager でメッシュ コントロール定義に定義されている最小メッシュ要素サイズの 30%
  • メッシュ PropertyManager にあるユーザー定義のメッシュの許容誤差の値(デフォルトのメッシュの許容誤差値よりも小さい値をユーザーが入力している場合)
2 つの節点間の距離がこの値より小さい場合、接触条件を指定されないなら、節点は統合されます。
許容誤差を変更することで、メッシュ作成時の問題を解決できる場合があります。 たとえば、あるエッジが原因でメッシュが作成することができなかった場合、許容誤差を大きくすることによって解決できます。
  自動徐変コントロール 標準メッシュのみで使用できます。 オンにした場合には、プログラムが微小フィーチャー、細部装飾、穴、およびフィレットに対して自動的にメッシュ コントロールを設定します。 多くの微小フィーチャーや細部装飾のあるモデルをメッシュ分割する前には、多数の要素を生成しないように、自動徐変コントロール(Automatic transition)を選択解除してください。 以下の例を参照してください。
max_element_size.png 最大要素サイズ 曲率ベースのメッシュのみで使用できます。 最大要素サイズは最も低い曲率を持つ境界に使用されます。
tolerance.png 最小要素サイズ(Minimum element size) 曲率ベースのメッシュのみで使用できます。 最小要素サイズは最も高い曲率を持つ境界に使用されます。
円内の最小要素数 曲率ベースのメッシュのみで使用できます。 円内の要素数を指定します。 このオプションの効果を確認するには、計算された要素サイズは、最大要素サイズ最小要素サイズ の間になければなりません。 要素サイズの決定方法(How Element Size is Determined)を参照してください。
要素サイズ増加比率 曲率ベースのメッシュのみで使用できます。 すべての方向で、曲率の高い領域から始まるグローバル要素サイズの増加比率を指定します。

詳細設定(Advanced)

ヤコビアン点 高精度メッシュでのみ使用可能です。 4 面体要素のゆがみの程度をチェックするのに使われる積分点数の設定を行います。 次をヤコビアン チェックの底とすることができます: 4, 16, 29 ガウス点、または節点位置(At Nodes)
ドラフト精度メッシュ(Draft Quality Mesh) 各固体要素に対して4つのコーナー節点を指定し、各シェル要素に対して3つのコーナー節点を指定します。 ドラフト精度メッシュは迅速な評価に推奨され、デフォルトの高精度は最終の結果のために推奨されます。
ソリッドの自動トライアル(Automatic Trials for Solid) 標準メッシュのみで使用できます。 メッシャーがモデルを再メッシュする指定は、自動的に小さなグローバル要素サイズを使用します。 グローバル要素サイズと許容誤差が各トライアルで減小させられる比率は0.8です。
トライアル数 メッシュをトライアルする最大回数を設定します。
シェル厚みを 3D でレンダリング(低速) シェル要素を含むスタディで使用できます。 シェルの 3D 表現を使用して、シェル ボディ上にメッシュを表示します。
シェル ボディが、シェル定義 PropertyManager で定義された厚みの値を伴って表示されます。 シェルの厚みの方向は、シェル定義 PropertyManager のオフセット値で定義されたシェルの中間サーフェスを基準として表示されます。
互換性のないメッシュで失敗した部分を再メッシュ 互換性のあるメッシュが失敗したボンド ボディに対して、互換性のないメッシュを使用するように指定します。 固体メッシュでのみ使用します。
梁プロファイルの提出 梁を含む混在メッシュを使用したスタディで有効です。円筒形ではなく実際の梁のジオメトリの上にメッシュを表示します。

オプション(Options)

メッシュ分割せずに設定を保存 メッシュ オプションを保存します。
解析を実行(処理)(Run (solve) the analysis) メッシュ後すぐに、スタディを実行します。

自動徐変の例

自動徐変 を選択解除してメッシュ 自動徐変 を選択してメッシュ


トピックについてフィードバックを送信

ヘルプに関してフィードバックを送信することができます。しかし、ドキュメンテーション グループはテクニカル サポートに関する質問に答えることはできません。 テクニカル サポートに関する情報はここをクリックしてください

* 必要項目

 
*電子メール:  
件名:   トピックのフィードバック
ページ:   メッシュ PropertyManager(Mesh PropertyManager)
*コメント:  
*   プライバシー ポリシーを読み、個人情報が Dassault Systèmes によって使用されることに同意します。

トピックの印刷

印刷するコンテンツの範囲を選択:



x

Internet Explorer 7 より古いブラウザ バージョンが検知されました。 表示を最適化するにはInternet Explorer 7 以上のブラウザ バージョンにアップグレードしてください。

 今後このメッセージを表示しない
x

Web ヘルプ コンテンツ バージョン: SOLIDWORKS 2015 SP05

SOLIDWORKS で Web ヘルプを無効にして、ローカル ヘルプを使用するには、ヘルプ > SOLIDWORKS Web ヘルプ使用 をクリックしてください。

Web ヘルプのインタフェースや検索機能に関する問題は、お客様のサポート担当者までご連絡ください。各トピック ページの「トピックについてフィードバックする」リンクを使用し、各ヘルプ トピックについてフィードバックを送信することもできます。