目次を表示しない

FeatureXpert

SWIFT(TM)(SolidWorks Intelligent Feature Technology)によって機能強化された FeatureXpert はフィレットと抜き勾配フィーチャーを管理することにより、ユーザーが設計に集中できるようにします。Xperts の概要(Xperts Overview)も参照してください。

再構築エラーの原因となる固定半径フィレットや、ニュートラル平面抜き勾配を追加、あるいは変更をしたとき、エラー内容(What's Wrong) ダイアログがエラーの説明と一緒に現れます。エラー修正を試みるために FeatureXpert を起動するためにダイアログで FeatureXpertをクリックしてください。

FeatureXpertはFeatureManagerデザイン ツリー内のフィーチャーの順番を変更、または正接のプロパティを調整して部品を正しく再構築できるようにします。FeatureXpert は同じく、より小さい範囲で、参照を失った参照平面を修復することができます。

サポートされるフィーチャー

  • 固定半径フィレット(Constant radius fillets)

  • ニュートラル平面抜き勾配(Neutral plane drafts)

  • 参照平面(Reference planes)

サポートされないアイテム

  • フィレットの他のタイプ、または、抜き勾配フィーチャーの他のタイプ。

  • ミラー、またはパターンフィーチャー。ミラーあるいはパターンフィーチャーがフィレット、または、抜き勾配フィーチャーを含んでいるとき、 FeatureXpert はこれらのミラー、パターンコピーに含まれるフィーチャーを扱うことができません。

  • ライブラリ フィーチャー(Library Features)。ライブラリフィーチャーの中のフィレットあるいは抜き勾配フィーチャーはFeatureXpert では無視されます。ライブラリフィーチャーの全体は1つの厳格なフィーチャーとして取り扱われます。

  • コンフィギュレーションと設計テーブル。FeatureXpert はこれらのアイテムを含んでいる部品では利用可能ではありません。

FeatureXpert の起動を切り替えるには:

  1. (標準ツールバーの)オプション (Options) をクリックするか、Tools(Tools)、オプション(Options)、システム オプション(System Options) をクリックします。

  2. FeatureXpert を有効にする(Enable FeatureXpert)を選択、または選択解除する。

  3. OK をクリックします。

FeatureXpertを使用してフィーチャーを追加するには:

  1. フィレットを追加する部品を開きます。この例では2つの面にフィレットを追加します。

  2. (フィーチャー ツールバーの)フィレット (Fillet)をクリック、または挿入(Insert)、フィーチャー(Features)、フィレット/ラウンド(Fillet/Round)をクリックします。

  1. PropertyManager で次の操作を行います:

    1. フィレット タイプ(Fillet Type)で 固定半径(Constant radius)を選択します。

    2. 半径 値を設定します。

あなたが設定した半径値がFeatureXpert なしでフィレットを加えることができるかどうかに影響を与えます。

  1. 2つの赤い面をエッジ、面、フィーチャーとループ(Edges, Faces, Features and Loops)に選択します。

  1. をクリックします。

エラー内容(Whats Wrong)ダイアログが表示されます。フィレットエラーはダイアログでフィレットがなぜ失敗しているかの記述でハイライトされます。 フィレットは幾何学上の理由で個々のフィレットとして適用されることができません。

  1. ダイアログで、FeatureXpertをクリックします。

FeatureXpert は両方の面を含んでいる1つのフィレットの代わりに多数のフィレットを作ります。FeatureManager デザインツリーはフィレットを表示します。

FeatureXpertを使用してフィーチャーを変更するには:

  1. 変更するフィレットを含んでいる部品を開きます。

この例では、部品全体が.1インチの半径フィレットでフィレット作成されます。

  1. フィレット フィーチャーを編集します。

  2. PropertyManager で、半径 (Radius) を.25に変更します。

  3. をクリックします。

エラー内容(Whats Wrong)ダイアログが表示されます。フィレットエラーはダイアログでフィレットがなぜ失敗しているかの記述でハイライトされます。

  1. ダイアログで、FeatureXpertをクリックします。

FeatureXpert ダイアログ進行をレポートします。FeatureXpertで必要に応じて個別のフィレットが作成され、FeatureManagerデザイン ツリー内に適切な順序で配置され、モデルを解決できるようになります。



トピックについてフィードバックを送信

ヘルプに関してフィードバックを送信することができます。しかし、ドキュメンテーション グループはテクニカル サポートに関する質問に答えることはできません。 テクニカル サポートに関する情報はここをクリックしてください

* 必要項目

 
*電子メール:  
件名:   トピックのフィードバック
ページ:   FeatureXpert
*コメント:  
*   プライバシー ポリシーを読み、個人情報が Dassault Systèmes によって使用されることに同意します。

トピックの印刷

印刷するコンテンツの範囲を選択:



x

Internet Explorer 7 より古いブラウザ バージョンが検知されました。 表示を最適化するにはInternet Explorer 7 以上のブラウザ バージョンにアップグレードしてください。

 今後このメッセージを表示しない
x

Web ヘルプ コンテンツ バージョン: SOLIDWORKS 2012 SP05

SOLIDWORKS で Web ヘルプを無効にして、ローカル ヘルプを使用するには、ヘルプ > SOLIDWORKS Web ヘルプ使用 をクリックしてください。

Web ヘルプのインタフェースや検索機能に関する問題は、お客様のサポート担当者までご連絡ください。各トピック ページの「トピックについてフィードバックする」リンクを使用し、各ヘルプ トピックについてフィードバックを送信することもできます。