Expand はじめにはじめに
Collapse 管理管理
Collapse SOLIDWORKS インストレーションおよびアドミニストレーション ガイドSOLIDWORKS インストレーションおよびアドミニストレーション ガイド
Expand SOLIDWORKS インストレーションおよびアドミニストレーションSOLIDWORKS インストレーションおよびアドミニストレーション
Expand 個人インストレーション個人インストレーション
Expand 複数インストレーション複数インストレーション
Expand SOLIDWORKS Workgroup PDMSOLIDWORKS Workgroup PDM
Expand SOLIDWORKS PDMSOLIDWORKS PDM
Expand SOLIDWORKS ElectricalSOLIDWORKS Electrical
Expand SOLIDWORKS PCBSOLIDWORKS PCB
Collapse SOLIDWORKS Visualize および SOLIDWORKS Visualize BoostSOLIDWORKS Visualize および SOLIDWORKS Visualize Boost
前提条件とシステム要件
Expand SLDIM を使用した SOLIDWORKS Visualize のインストールSLDIM を使用した SOLIDWORKS Visualize のインストール
Collapse SLDIM による Visualize Boost のインストールSLDIM による Visualize Boost のインストール
Visualize Boost ライセンスのアクティブ化
Visualize Boost の設定
Expand ライセンス管理ライセンス管理
Expand トラブルシューティングトラブルシューティング
Expand SOLIDWORKS Installation Manager アプリケーション ヘルプSOLIDWORKS Installation Manager アプリケーション ヘルプ
著作権に関する注意書き
Expand SOLIDWORKS 製品のアクティベーションSOLIDWORKS 製品のアクティベーション
設定のコピー ウィザード
Expand SOLIDWORKS RxSOLIDWORKS Rx
SOLIDWORKS ServicePack
Expand SOLIDWORKS CAD Admin Dashboard SOLIDWORKS CAD Admin Dashboard
ハードウェアのベンチマーク
Expand ユーザー インターフェースユーザー インターフェース
Expand SOLIDWORKS の基礎SOLIDWORKS の基礎
Expand 2D から 3D へ移行2D から 3D へ移行
Expand アセンブリアセンブリ
Expand CircuitWorksCircuitWorks
Expand コンフィギュレーションコンフィギュレーション
Expand SOLIDWORKS CostingSOLIDWORKS Costing
Expand Design CheckerDesign Checker
Expand SOLIDWORKS のデザイン スタディSOLIDWORKS のデザイン スタディ
Expand 詳細設定と図面詳細設定と図面
Expand DFMXpressDFMXpress
Expand DriveWorksXpressDriveWorksXpress
Expand FloXpressFloXpress
Expand SLDXML データ交換SLDXML データ交換
Expand インポート/エクスポートインポート/エクスポート
Expand モデル表示モデル表示
Expand モールド設計モールド設計
Expand モーション スタディモーション スタディ
Expand 部品とフィーチャー 部品とフィーチャー
Expand ルーティングルーティング
Expand 板金板金
Expand シミュレーションシミュレーション
Expand SimulationXpressSimulationXpress
Expand スケッチングスケッチング
Expand SOLIDWORKS MBDSOLIDWORKS MBD
Expand SOLIDWORKS UtilitiesSOLIDWORKS Utilities
Expand SOLIDWORKS SustainabilitySOLIDWORKS Sustainability
Expand 公差公差
Expand TolAnalystTolAnalyst
Expand ToolboxToolbox
Expand 溶接溶接
Expand Workgroup PDMWorkgroup PDM
Expand トラブルシューティングトラブルシューティング
用語集
目次を表示しない

Visualize Boost の設定

ほとんどのネットワークでは、コンピュータを Visualize Boost 用に設定するにはデフォルトの設定で十分ですが、ネットワーク環境で他の設定が必要な場合は、以下の手順に従って、手動でコンピュータを設定してください。

コンピュータを Visualize Boost でレンダリング クラスタになるように設定するには:

  1. 次のいずれかを実行します:
    1. システムで SOLIDWORKS Visualize Boost が実行されている場合は、デスクトップ上で Visualize Boost ショートカット アイコンをダブルクリックするか、ブラウザを開き、次の URL を入力します: http://localhost:8993/config.html
    2. 別のシステムを使用している場合は、ブラウザを開いて次の URL を入力します。 http://<IP アドレス>:8993/config.html または http://<DNS 名>:8993/config.html
  2. 画面の右上隅にあるドロップダウン リストから、言語(Language)を選択します。
  3. 設定タブをクリックし、Visualize Boost ノードを設定します。
  4. クラスタ名(Cluster Name)フィールドで超高速レンダー(Superfast Render)プレゼンテーション クラスタ(Presentation Cluster)、または4 階のコンピュータ(4th Floor Computers)などのコンピュータ名を指定します。

    クラスタ名は SOLIDWORKS Visualize Professional にクラスタ プロファイルとして表示されます。 イメージをレンダリングするために、SOLIDWORKS Visualize Professional を実行するユーザーは利用可能な Boost クラスタからクラスタ プロファイルを選択します。

    クラスタ名を Visualize Professional コンピュータ上でローカルで指定するのでなく、Visualize Boost コンピュータ上で指定して、すべての Visualize ユーザーが Visualize Boost プロファイル リストで同じクラスタ名にアクセスするようにすることをお勧めします。
  5. クラスタ クライアント アクセス ポート(Cluster Client Access Port)を入力します。
    これは、SOLIDWORKS Visualize を実行するコンピュータが Boost クラスタに接続するために使用するポートです。 デフォルトのクラスタ クライアント アクセス ポートは 8998 です。
  6. ネットワーキング モード(Networking Mode)エリアで、ご利用のネットワーク環境に基づいてオプションを選択します。
    • このコンピュータを他のクラスタに属さないようにするには、ネットワーキングなし(No Networking)を選択します。 このモードは、Visualize Boost に関わる問題のトラブルシューティングに便利です。
    • ネットワークが UDP マルチキャストに対応している場合は、UDP マルチキャスト モード(UDP Multicast Mode)を選択します。 Visualize Boost はネットワークを検索して、同じポート上で UDP マルチキャスト モードを使用するすべてのコンピュータから 1 つのクラスタを形成します。 このモードは、ネットワークが対応している場合にお勧めします。
    • UDP マルチキャスト モードを使用できない場合は、ディスカバリーによる TCP モード(デフォルト)(TCP Mode with Discovery (Default))を選択します。 Visualize Boost はネットワークを検索して、同じポート上で ディスカバリーによる TCP モードを使用するすべてのコンピュータから 1 つのクラスタを形成します。
    • TCP モード(TCP Mode)は、クラスタ内のコンピュータの明示的なリストを作成する場合(他のモードでは含めたいコンピュータを見つけることができない)に選択します。 このモードには追加の設定作業が必要なため、UDP マルチキャストまたはディスカバリーによる TCP モードを利用できる場合にはお勧めしません。
  7. UDP マルチキャスト モード(UDP Multicast Mode)またはディスカバリーによる TCP モード(TCP Mode with Discovery)を選択する場合は、クラスタ検出アドレス(Cluster Discovery Address)を入力します。
    この設定は、IP アドレスおよび1024 より上のポートでなければなりません。デフォルトのポートはネットワーキング モードにより異なります。
    • 8994 (UDP マルチキャスト)
    • 8995 (ディスカバリーによる TCP モード)
    • 8996 (TCP)

    これらのポートは Visualize Boost コンピュータで相互接続に使用されます。 同じローカル ネットワーク上にある同じクラスタ検出アドレス(Cluster Discovery Address)で設定されたすべてのコンピュータで 1 つのクラスタを形成します。

  8. TCP モード(TCP Mode)を選択する場合:
    • クラスタ アクセス ポート(Cluster Access Port)を入力します。 これは、クラスタ内の Visualize Boost ノードが相互に通信するポートです。 TCP モードのデフォルト ポートは、8996 です。
    • このマシンがクラスタの"ヘッド ノード"(クラスタの作業を調整するマシン)になる場合、クラスタ アドレス リスト(Cluster Address List)フィールドを使用してクラスタ内の他のノードのIP アドレスをリストします。 各 IP アドレス(192.168.0.100:8996 など)はクラスタ内のすべてのノードに設定されたクラスタ アクセス ポート(Cluster Access Port)を含む必要があります。 このマシンがクラスタのヘッド ノードにならない場合は、このフィールドは空白のままにしてください。
  9. コンフィギュレーションの保存(Save Configuration)をクリックします。 Visualize Boost は新しいコンフィギュレーションを保存し、サービスを停止して、再開します。
  10. ステータス(Status)タブをクリックします。 ステータスが準備完了(Ready)の場合、画面にはクラスタ内で接続されたコンピュータおよびクラスタに割り当てられたセッション(Sessions)(ジョブ)が表示されます。


トピックについてフィードバックを送信

ヘルプに関してフィードバックを送信することができます。しかし、ドキュメンテーション グループはテクニカル サポートに関する質問に答えることはできません。 テクニカル サポートに関する情報はここをクリックしてください

* 必要項目

 
*電子メール:  
件名:   トピックのフィードバック
ページ:   Visualize Boost の設定
*コメント:  
*   プライバシー ポリシーを読み、個人情報が Dassault Systèmes によって使用されることに同意します。

トピックの印刷

印刷するコンテンツの範囲を選択:



x

Internet Explorer 7 より古いブラウザ バージョンが検知されました。 表示を最適化するにはInternet Explorer 7 以上のブラウザ バージョンにアップグレードしてください。

 今後このメッセージを表示しない
x

Web ヘルプ コンテンツ バージョン: SOLIDWORKS 2017 SP05

SOLIDWORKS で Web ヘルプを無効にして、ローカル ヘルプを使用するには、ヘルプ > SOLIDWORKS Web ヘルプ使用 をクリックしてください。

Web ヘルプのインタフェースや検索機能に関する問題は、お客様のサポート担当者までご連絡ください。各トピック ページの「トピックについてフィードバックする」リンクを使用し、各ヘルプ トピックについてフィードバックを送信することもできます。