目次を表示しない

公差の概要(Tolerancing Overview)

幾何寸法と公差(GD&T)には多くの利点があります。:

  • 設計言語が標準化される。

  • 設計意図が顧客、サプライヤ、製造チームに対して明確、正確なものとなる。

  • ワーストケースの合致限界を計算できる。

  • データムを使用することで、製造および検査工程でも流用が可能である。

  • 認証済みの製造用部品からアセンブリを正しく設計できる。

2つの新しいGD&Tベースのアプリケーションが追加されています:

部品の DimXpert

部品に対する DimXpert - 寸法と公差を部品上に配置する。

TolAnalyst

TolAnalystは、部品やアセンブリに対する寸法と公差の影響を解析する公差解析アプリケーションです。TolAnalyst ツールを使用すると、アセンブリに対する「ワーストケース」の累積公差を解析することができます。

最初にDimXpertツールを使用してアセンブリ内の部品や構成部品に寸法と公差を適用し、次にTolAnalystツールを使用してこのデータを累積公差の解析解析に利用します。

TolAnalyst は、SolidWorks Premium でのみ利用できます。

従って、有効な公差データを確実に得るために、TolAnalyst はウィザードを使用した4つの手順を実施します:

  1. 測定で、2つの DimXpert フィーチャーの間の距離を指定します。 

  2. アセンブリシーケンスを作成します。部品をアセンブリする順番に選択して、測定するフィーチャー間に存在する公差を認識します。 この「サブアセンブリ」は「簡略化されたアセンブリ」と呼ばれます。

  3. それぞれの部品に拘束を適用します。拘束が各部品にどのように配置されるか、あるいは簡略化されたアセンブリの中に合致されるか定義します。

  4. 解析結果を評価します。



トピックについてフィードバックを送信

ヘルプに関してフィードバックを送信することができます。しかし、ドキュメンテーション グループはテクニカル サポートに関する質問に答えることはできません。 テクニカル サポートに関する情報はここをクリックしてください

* 必要項目

 
*電子メール:  
件名:   トピックのフィードバック
ページ:   公差の概要(Tolerancing Overview)
*コメント:  
*   プライバシー ポリシーを読み、個人情報が Dassault Systèmes によって使用されることに同意します。

トピックの印刷

印刷するコンテンツの範囲を選択:



x

Internet Explorer 7 より古いブラウザ バージョンが検知されました。 表示を最適化するにはInternet Explorer 7 以上のブラウザ バージョンにアップグレードしてください。

 今後このメッセージを表示しない
x

Web ヘルプ コンテンツ バージョン: SOLIDWORKS 2012 SP05

SOLIDWORKS で Web ヘルプを無効にして、ローカル ヘルプを使用するには、ヘルプ > SOLIDWORKS Web ヘルプ使用 をクリックしてください。

Web ヘルプのインタフェースや検索機能に関する問題は、お客様のサポート担当者までご連絡ください。各トピック ページの「トピックについてフィードバックする」リンクを使用し、各ヘルプ トピックについてフィードバックを送信することもできます。