Expand はじめにはじめに
Expand 管理管理
Expand ユーザー インターフェースユーザー インターフェース
Expand SOLIDWORKS の基礎SOLIDWORKS の基礎
Expand 2D から 3D へ移行2D から 3D へ移行
Expand アセンブリアセンブリ
Expand CircuitWorksCircuitWorks
Expand コンフィギュレーションコンフィギュレーション
Expand SOLIDWORKS CostingSOLIDWORKS Costing
Expand Design CheckerDesign Checker
Expand SOLIDWORKS のデザイン スタディSOLIDWORKS のデザイン スタディ
Expand 詳細設定と図面詳細設定と図面
Expand DFMXpressDFMXpress
Expand DriveWorksXpressDriveWorksXpress
Expand FloXpressFloXpress
Expand SLDXML データ交換SLDXML データ交換
Expand インポート/エクスポートインポート/エクスポート
Expand モデル表示モデル表示
Expand モールド設計モールド設計
Expand モーション スタディモーション スタディ
Collapse 部品とフィーチャー 部品とフィーチャー
Expand 部品部品
Expand 材料材料
Expand マルチボディ部品マルチボディ部品
Expand 部品のコントロール部品のコントロール
Expand 部品の表示状態部品の表示状態
Collapse フィーチャー フィーチャー
フィーチャー ツールバー
Expand 親子関係親子関係
カット ツールの使用
SelectionManager の概要
側面の数に基づいたフィーチャー選択
Expand FeatureXpertFeatureXpert
押し出し状態のタイプ
Expand フィーチャー フリーズフィーチャー フリーズ
Expand 見つからない参照のゴースト見つからない参照のゴースト
Expand 境界境界
面取り
Expand カーブカーブ
Expand カットカット
Expand 変形変形
ドーム
Expand 抜き勾配抜き勾配
Expand 押し出し押し出し
Expand ファスナーファスナー
Expand FeatureWorksFeatureWorks
Expand フィレットフィレット
Expand フレックスフレックス
Expand 自由形状自由形状
Expand 穴
Expand インデントインデント
Expand ライブラリ フィーチャーライブラリ フィーチャー
Collapse ロフトロフト
ロフトの作成
Expand ロフトの同期化ロフトの同期化
ロフト断面の追加
ロフト断面の削除
Expand ロフトの使用ロフトの使用
ロフトでのメッシュ プレビューの例
ガイド カーブをもつロフトの推奨点
ロフトPropertyManager
Expand パターンとミラーパターンとミラー
Expand 回転回転
Expand リブリブ
Expand スケールスケール
Expand シェル要素シェル要素
Expand サーフェスサーフェス
Expand スイープスイープ
Expand 厚み付け厚み付け
Expand フィーチャー用のツールフィーチャー用のツール
ラップ
Expand 参照ジオメトリ参照ジオメトリ
Expand ルーティングルーティング
Expand 板金板金
Expand シミュレーションシミュレーション
Expand SimulationXpressSimulationXpress
Expand スケッチングスケッチング
Expand Sustainability 製品Sustainability 製品
Expand SOLIDWORKS MBDSOLIDWORKS MBD
Expand SOLIDWORKS UtilitiesSOLIDWORKS Utilities
Expand 公差公差
Expand TolAnalystTolAnalyst
Expand ToolboxToolbox
Expand 溶接溶接
Expand Workgroup PDMWorkgroup PDM
Expand トラブルシューティングトラブルシューティング
用語集
目次を表示しない

ロフトPropertyManager(Loft PropertyManager)

ロフトフィーチャーの種類に応じてPropertyManagerのオプションを設定します。

PropertyManager を開くには、次のいずれかを実行します:

  • ロフト ボス/ベース(フィーチャー ツールバー)または 挿入(Insert) > ボス/ベース(Boss/Base) > ロフト(Loft) をクリックします。
  • ロフト カット(フィーチャー ツールバー)または カット(Cut) > ロフト(Loft) > 挿入(Insert) をクリックします。
  • ロフト サーフェス(サーフェス ツールバー)または 挿入(Insert) > サーフェス(Surface) > ロフト(Loft) をクリックします。

輪郭(Profiles)

輪郭(Profile) ロフト作成に使用する輪郭を定義します。スケッチの輪郭、面、または接続するエッジを選択します。ロフトは、選択した輪郭の順序に応じて作成されます。
各輪郭に対して、ロフトのパスとして指定する点を選択してください。
上に移動下に移動 輪郭の順序を調整します。 輪郭 を選択し、輪郭の順序を調整します。
ロフトのプレビューで希望の結果が得られなかった場合、再度選択し直すか、または輪郭上の別の点をつなげるようにスケッチの順序を変更します。

拘束の開始/終了(Start/End Constraints)

拘束の開始拘束の終了 輪郭の開始/終了に正接をコントロールするための拘束を適用します。 次のいずれかを選択します:

デフォルト

(最低限、3 つの輪郭があるとき有効です)。 最初の輪郭と最後の輪郭の間に描かれた放物線に近づきます。 この放物線からの正接はロフトサーフェスをドライブします。それは、合わせる状態が指定されないとき、いっそう予測可能で、自然なロフトサーフェスをもたらします。

なし

正接拘束(曲率ゼロ)は適用されていません。

方向指定ベクトル(Direction Vector)

方向指定ベクトルとして使用される選択エンティティに応じて、正接拘束を適用します。 方向指定ベクトル を選択し、抜き勾配角度開始点の正接の長さ または 終了点の正接の長さ を設定します。

輪郭に垂直

開始点、または終了点の輪郭に垂直な正接拘束を適用します。 抜き勾配角度(Draft angle)と 開始点の正接の長さ(Start)または 終了点の正接の長さ(End Tangent Length)を設定します。

面に正接

(既存のジオメトリにロフトをアタッチしたときに有効)。 選択した開始/終了点の輪郭で隣接面を正接させます。

面に曲率連続

(既存のジオメトリにロフトをアタッチしたときに有効)。 選択された開始点または終了点の輪郭に、滑らかな、視覚的にアピールする曲率連続のロフトを適用します。

開始や終了の拘束を適用していないロフトのプレビュー

面に曲率連続 を適用したロフト 次の面

次の面拘束の開始 または 面に曲率連続拘束の開始 または 拘束の終了 を選択した場合に使用できます) 方向指定ベクトル
方向指定ベクトル拘束の開始 または 拘束の終了方向指定ベクトル を選択した場合に使用できます) 抜き勾配角度
抜き勾配角度方向指定ベクトル または 輪郭に垂直拘束の開始 または 拘束の終了 を選択した場合に使用できます) 開始点、または終了点の輪郭に抜き勾配角度を適用します。 必要に応じて、反対方向 をクリックします。 ガイドカーブに沿って抜き勾配角度も適用します。
開始点の正接の長さ終了点の正接の長さ拘束の終了 または なし拘束の開始 を選択した場合には使用できません) 正接の方向を反転正接の方向を反転をクリックします。
全てに適用 輪郭全体のすべての拘束をコントロールする1つのハンドルを表示します。 個別セグメントのコントロールを可能にする複数のハンドルを表示するには、このオプションを選択解除します。 ハンドルをドラッグして正接の長さを変更します。
すべてに適用(Apply to All)を選択した場合

輪郭あたり 1 つのハンドルが、輪郭全体に対する拘束を制御します。

すべてに適用(Apply to All)を選択解除した場合

輪郭あたり複数のハンドルが、各輪郭内のセグメントにおける拘束の重みを制御します。

ガイド カーブ

  ガイド カーブ拘束 ロフトへのガイドカーブの拘束をコントロールします。

例: 2 つの輪郭と 1 つのガイド カーブ

次のいずれかのオプションを選択します:

次のガイドへ

ガイドカーブの拘束は次のガイドカーブまでのみに指定されます。

次の仮想線へ

ガイドカーブの拘束は次の仮想線までのみに指定されます。 仮想線は、輪郭のハードコーナーです。 互いに共通接線を持たない、または等曲率関係にない、任意の隣接する 2 つのスケッチ エンティティによって仮想線を定義します。

次のエッジへ

ガイドカーブの拘束は次のエッジまでのみに指定されます。

グローバル

ガイドカーブの拘束はロフト全体に指定されます。

ガイド カーブ ロフトをコントロールするためにガイドカーブを選択します。
上に移動下に移動 ガイドカーブの順序を調整します。 ガイドカーブ を選択し、輪郭の順序を調整します。
  ガイド正接タイプ ロフトがガイドカーブに達する点で正接をコントロールします。 次のいずれかを選択します:

なし(None)

正接拘束は適用されていません。

輪郭に垂直

ガイドカーブの平面に対して垂直に正接拘束を適用します。抜き勾配角度(Draft angle)を設定します。

方向指定ベクトル

方向指定ベクトルとして使用される選択エンティティに応じて、正接拘束を適用します。 方向指定ベクトル を選択し、抜き勾配角度 を設定します。

面に正接

(既存ジオメトリのエッジ上にガイドカーブが存在する場合に使用できます)。ガイドカーブのパスに沿う隣接面の間に側面正接を追加し、隣接面の間によりスムーズな遷移を作成します。

最良の結果を得るには、各輪郭もガイド カーブに出会う点において正接面に正接である必要があります。理想的な交差は2度以下です。ロフトが失敗しないようにするには、輪郭の接続点が正接から30度以内である必要があります。

  方向指定ベクトル方向指定ベクトル として ガイド正接タイプ を選択した場合に使用できます) 方向指定ベクトルとして使用される選択エンティティに応じて、正接拘束を適用します。ロフトは選択された直線エッジまたは軸、あるいは選択された面、または平面の法線に対して正接します。
  抜き勾配角度拘束の開始(Start) または 輪郭に垂直方向指定ベクトル または 輪郭に垂直 を選択した場合に使用できます) ジオメトリ上可能な限り、ロフトにガイドカーブに沿った抜き勾配を追加します。 必要に応じて、反対方向 をクリックします。

中心線パラメータ(Centerline Parameters)

中心線 中心線を使用してロフトの形状をガイドします。グラフィックス領域でスケッチを選択します。
中心線は、ガイドカーブとともに存在することができます。
  断面の数 輪郭間、及び中心線を基準として断面を追加します。スライダーを調整して断面の数を調整します。
断面表示 ロフトの断面を表示します。 断面を表示するには、矢印をクリックします。 断面の番号を入力して 断面表示 をクリックし、その断面にジャンプすることもできます。

スケッチ ツール

スケッチエンティティを選択を簡単にするために、SelectionManager を使用します。

  スケッチのドラッグ ドラッグモードを有効にします。ロフトサーフェスを編集しているとき、3Dスケッチからの、輪郭がロフトサーフェスのために定義されているどんな3Dスケッチセグメント、点、平面もドラッグできます。ドラッグするとき、3Dスケッチは更新します。同様に、輪郭に寸法をつけるために寸法ツールを使って3Dスケッチを編集することができます。ロフトサーフェスのプレビューは、ドラッグが終わったとき、または、3Dスケッチ寸法を編集したときに更新します。ドラッグモードを抜けるには、スケッチのドラッグ (Drag Sketch) を再びクリックするか、PropertyManager の他の選択リストをクリックします。ビデオ: ロフトでスケッチをドラッグ
undo.png ボタン スケッチのドラッグの取り消し 一つ前のスケッチのドラッグを取り消して、前の状態のプレビューに戻ります。複数のドラッグ、寸法の編集の取り消しができます。

薄板フィーチャー

薄板フィーチャーロフトを作成する場合に選択します。

薄板フィーチャー タイプ 薄板フィーチャーロフトのタイプを設定します。 次のいずれかを選択します:

片側に押し出し

厚み の値を使用して薄板フィーチャーを片側に作成します。 必要に応じて、反対方向 をクリックします。

両側に等しく押し出し

輪郭から両側に同じ 厚み の値を適用し、薄板フィーチャーを作成します。

両側に押し出し

輪郭から両方向に薄板フィーチャーを作成します。 厚み厚みdim_lin_t2.png に個別の値を設定します。

オプション(Options)

正接面マージ 対応するロフト セグメントが正接である場合、対応するサーフェスが作成されるロフトで正接になります。平面、円筒形、円錐形として表すことができる面は保持されます。その他の隣接する面はマージされ、断面は近似化されます。スケッチ円弧はスプラインに変換される場合があります。
  スケッチ輪郭のプレビュー
  正接保持面 オプションを使用せずに作成したロフト
  正接保持面 オプションを使用して作成したロフト
ロフトを閉じる ロフト方向に沿って閉じたボディが作成されます。これで、最初と最後のスケッチ輪郭が自動的に接続されます。
  ロフトを閉じる を選択解除したロフト
  ロフトを閉じる を選択したロフト
プレビュー表示 ロフトのシェイディング プレビューを表示します。パスとガイドカーブのみ表示するには、このオプションを選択解除します。右クリックし、ショートカット メニューで、透明プレビュー (Transparent Preview) と不透明プレビュー (Opaque Preview) の間で切り替えることもできます。
  透明プレビュー
  不透明プレビュー
結果のマージ すべてのロフトの要素をマージします。すべてのロフトの要素をマージしない場合には、このオプションを選択解除します。

曲率表示(Curvature Display)

メッシュ プレビュー(Mesh preview) サーフェスをよりよく表示するため、選択されている面にプレビュー メッシュを適用します。
[メッシュ密度 (Mesh density)] メッシュ プレビュー(Mesh preview)を選択した場合に使用可能です。

メッシュのラインの数を調整します。

ゼブラストライプ サーフェスのしわや不良を確認しやすくするため、ゼブラストライプを表示します。
曲率コーム 曲率コームの表示を有効にします。

次のオプションを少なくとも 1 つ選択します:

方向1

曲率コームの表示を方向 1(Direction 1)に沿って切り替えます。

方向2

曲率コームの表示を方向 2(Direction 2)に沿って切り替えます。

いずれの方向でも、コームの色を変更するには色の編集(Edit Color)を選択します。

スケール化 曲率コーム(Curvature combs)を選択した場合に使用可能です。

曲率コームのサイズの調整をします。

密度 曲率コーム(Curvature combs)を選択した場合に使用可能です。

曲率コーム表示のラインの数を調整します。

フィーチャーのスコープ(Feature Scope)

フィーチャーによって影響を与えたいボディを指定します。



トピックについてフィードバックを送信

ヘルプに関してフィードバックを送信することができます。しかし、ドキュメンテーション グループはテクニカル サポートに関する質問に答えることはできません。 テクニカル サポートに関する情報はここをクリックしてください

* 必要項目

 
*電子メール:  
件名:   トピックのフィードバック
ページ:   ロフトPropertyManager(Loft PropertyManager)
*コメント:  
*   プライバシー ポリシーを読み、個人情報が Dassault Systèmes によって使用されることに同意します。

トピックの印刷

印刷するコンテンツの範囲を選択:



x

Internet Explorer 7 より古いブラウザ バージョンが検知されました。 表示を最適化するにはInternet Explorer 7 以上のブラウザ バージョンにアップグレードしてください。

 今後このメッセージを表示しない
x

Web ヘルプ コンテンツ バージョン: SOLIDWORKS 2015 SP05

SOLIDWORKS で Web ヘルプを無効にして、ローカル ヘルプを使用するには、ヘルプ > SOLIDWORKS Web ヘルプ使用 をクリックしてください。

Web ヘルプのインタフェースや検索機能に関する問題は、お客様のサポート担当者までご連絡ください。各トピック ページの「トピックについてフィードバックする」リンクを使用し、各ヘルプ トピックについてフィードバックを送信することもできます。