目次を表示しない

フィーチャー セレクターの使用(Using the Feature Selector)

フィーチャーセレクターは、DimXpert フィーチャータイプを識別するために使用するツールバーでウインドウ上に表示されます。選択された面と使用しているコマンドにより、有効なフィーチャーセレクターが表示されます。すべてのフィーチャー選択に対してフィーチャー セレクターを使用します:

  • 寸法(Dimensions)

  • データム記号

  • 幾何公差

  • 自動公差スキーム

  • パターン作成

フィーチャーセレクターの中のフィーチャーは、右に行くほど複雑になります: 

  • 平面、円筒、円錐などの基本的なフィーチャーは左にあります。

  • 座ぐり穴、切欠、溝、パターンなどの複合フィーチャーは中央にあります。

  • 合成穴、交差点などの合成フィーチャーは右にあります。合成フィーチャーは追加の選択を必要とします。

DimXpert内では、単一面を、異なる寸法と公差が必要とされる複数のマニュファクチャリングフィーチャータイプとして定義することができます。

フィーチャーセレクターを使用し、パターンで作成された個々の穴に個別に寸法を作成する:

  1. DimXpert で寸法をつける部品を開きます。

  2. サイズ寸法 (Size Dimension)(DimXpert ツールバー)をクリックするか、ツール(Tools)、DimXpertサイズ寸法(Size Dimension)を選択します。

  1. 左側の穴の面を選択します。

フィーチャーセレクターは 2X 穴パターンをデフォルトとします。

  1. フィーチャーセレクター上の (Hole)をクリックします。

  2. グラフィックス領域内をクリックして寸法を配置します。

  1. PropertyManager の公差/小数位数(Tolerance/Precision)で、最大寸法差 (Maximum Variation)に0.5 を入力します。

  2. をクリックします。

  1. 同様の手順で右側の穴にデフォルトの公差値で寸法を作成してください。



トピックについてフィードバックを送信

ヘルプに関してフィードバックを送信することができます。しかし、ドキュメンテーション グループはテクニカル サポートに関する質問に答えることはできません。 テクニカル サポートに関する情報はここをクリックしてください

* 必要項目

 
*電子メール:  
件名:   トピックのフィードバック
ページ:   フィーチャー セレクターの使用(Using the Feature Selector)
*コメント:  
*   プライバシー ポリシーを読み、個人情報が Dassault Systèmes によって使用されることに同意します。

トピックの印刷

印刷するコンテンツの範囲を選択:



x

Internet Explorer 7 より古いブラウザ バージョンが検知されました。 表示を最適化するにはInternet Explorer 7 以上のブラウザ バージョンにアップグレードしてください。

 今後このメッセージを表示しない
x

Web ヘルプ コンテンツ バージョン: SOLIDWORKS 2012 SP05

SOLIDWORKS で Web ヘルプを無効にして、ローカル ヘルプを使用するには、ヘルプ > SOLIDWORKS Web ヘルプ使用 をクリックしてください。

Web ヘルプのインタフェースや検索機能に関する問題は、お客様のサポート担当者までご連絡ください。各トピック ページの「トピックについてフィードバックする」リンクを使用し、各ヘルプ トピックについてフィードバックを送信することもできます。