Expand はじめにはじめに
Expand 管理管理
Expand ユーザー インタフェースユーザー インタフェース
Expand SolidWorks の基礎SolidWorks の基礎
Expand 2D から 3D へ移行2D から 3D へ移行
Expand アセンブリアセンブリ
Expand CircuitWorksCircuitWorks
Expand コンフィギュレーションコンフィギュレーション
Expand CostingCosting
Expand Design CheckerDesign Checker
Expand SolidWorksにおけるデザイン スタディSolidWorksにおけるデザイン スタディ
Expand 図面および詳細設定図面および詳細設定
Expand DFMXpressDFMXpress
Expand DriveWorksXpressDriveWorksXpress
Expand FloXpressFloXpress
Expand インポート/エクスポートインポート/エクスポート
Expand ラージ スケール デザインラージ スケール デザイン
Expand モデル表示モデル表示
Expand モールド設計モールド設計
Expand モーション スタディモーション スタディ
Expand 部品とフィーチャー部品とフィーチャー
Collapse ルーティングルーティング
Expand SolidWorks Routing の概要SolidWorks Routing の概要
Expand はじめにはじめに
Expand ルーティング オプションとファイル位置を設定するルーティング オプションとファイル位置を設定する
Expand ルーティング テンプレートルーティング テンプレート
Expand ルート プロパティルート プロパティ
Expand 合致参照合致参照
Expand ルーティング ライブラリとルーティング構成部品ウィザードルーティング ライブラリとルーティング構成部品ウィザード
Expand ルーティング機能点ルーティング機能点
Expand 配管とチューブを使用したルーティング配管とチューブを使用したルーティング
Collapse ハーネス内の電気ワイヤとケーブルでルーティングハーネス内の電気ワイヤとケーブルでルーティング
電気ケーブルまたはワイヤ ルートの前提条件
コネクタがルート サブアセンブリ構成部品の場合のルートの開始
コネクタがメイン アセンブリ構成部品の場合のルートの開始
Expand 自動ルート自動ルート
Expand 始点-終点リスト始点-終点リスト
Expand ルートの展開ルートの展開
Expand ケーブル/ワイヤ ライブラリケーブル/ワイヤ ライブラリ
搭載部品ライブラリ
Expand 電気コネクタ電気コネクタ
ケーブル クリップ
Expand ワイヤ編集ワイヤ編集
Expand 電気の属性電気の属性
Expand ベンド数ベンド数
Expand スプライススプライス
接続性データの手動定義
Expand 製造スタイルの展開製造スタイルの展開
Expand リボン ケーブルリボン ケーブル
Expand 標準ケーブルとチューブ標準ケーブルとチューブ
Expand カバーカバー
Expand 電気ルートの部品表電気ルートの部品表
Expand ルーティング アセンブリの管理ルーティング アセンブリの管理
Expand Routing Library ManagerRouting Library Manager
Expand 用語集用語集
Expand 板金板金
Expand SimulationSimulation
Expand SimulationXpressSimulationXpress
Expand スケッチスケッチ
Expand Sustainability 製品Sustainability 製品
Expand SolidWorks UtilitiesSolidWorks Utilities
Expand 公差公差
Expand ToolboxToolbox
Expand 溶接溶接
Expand Workgroup PDMWorkgroup PDM
Expand トラブルシューティングトラブルシューティング
Expand 用語集用語集
目次を表示しない

ケーブル クリップ(Cable Clips)

ケーブル クリップやその他の類似したハードウェア(ケーブル クランプ、タイラップ、ブラケットなど)は、多くの場合、電気ケーブル、またはフレキシブルなチューブをルート点に沿って選択点で拘束するために使用されます。

以下を行うことができます:

  • ルート サブアセンブリにクリップを配置し、これらのクリップを通したスプラインでルートを自動的に作成。

  • メインのアセンブリにクリップを配置し、ルート サブアセンブリでこれらのクリップを通したスプラインでルートを自動的に作成。

  • 異なるサイズをもつクリップの複数コンフィギュレーションを作成し、ケーブルの直径が変更したときにクリップが適切なコンフィギュレーションに合わせて自動的にサイズ変更されるようにする。

  • クリップを通してルートを作成したら、クリップを移動する。ルートは、クリップの新規の位置に合うように更新されます。

  • クリップは、アセンブリに配置しながら、あるいは配置してから回転します。

  • クリップの軸を、アセンブリにあるエッジまたは軸に整列させます。

  • ソリッド ジオメトリを必要としない仮想クリップを使用して、ルートを配置します。

配管の直交ルート(Orthogonal route)を自動ルート PropertyManager で作成する場合もケーブル クリップを使用できます。

必要条件(Requirements)

クリップがドロップされたら自動的にルートを作成(Automatically route on drop of clips)ルーティング オプションを使用するには、ケーブル クリップに次が含まれている必要があります:

  • 2つのルート点(Two Route Points):ルート点は、部品をクリップ構成部品として識別し、自動ルーティングで入り口/出口となる点を定義します。

  • 2つのルート点の間の軸(An axis between the two Route Points):軸は、事前にアセンブリに配置したクリップのルート中心線を定義します。

クリップをルーティング アセンブリにドロップすると、ルートが RPoint1 と RPoint2 の間の軸に沿って作成されます。そのため、クリップに複数のルート点が含まれる場合は、ルートの設計意図に従って最初の2つのルート点を作成するように注意してください。

複数のルート点を含むケーブル クリップ

結果のルート

更に、クリップを整列するために、次を追加できます:

  • 回転軸(Axis of Rotation)という名の軸を追加すると、クリップをアセンブリに配置しながら、あるいは配置してから回転できます。

  • クリップ軸(Clip Axis)という名の軸を追加すると、その軸を、アセンブリにあるエッジまたは軸に整列させることができます。例えば、2つのルート点の間にある軸をクリップ軸(Clip Axis)と指定することができます。

また、ケーブルの直径が変更したときに自動的にクリップをサイズ変更するには、次を実行する必要があります:

  • データのフィルター(Filter Data):フィルタースケッチ(FilterSketch)というスケッチで、3つの同心円を作成し、寸法付けします:

    • 呼び径@フィルタースケッチ(NominalDiameter@FilterSketch)。 クリップの呼び径です。

    • 内径@フィルタースケッチ(InnerDiameter@FilterSketch)。クリップに合わせることのできる一番小さいバンドルの直径です。

    • 外径@フィルタースケッチ(OuterDiameter@FilterSketch)。クリップに合わせることのできる一番大きいバンドルの直径です。

  • 重複するコンフィギュレーション(Overlapping Configurations):設計テーブルを使用して、フィルターデータ用のクリップの複数コンフィギュレーションを異なるサイズ、及び異なる値で作成します。あるサイズの内径(InnerDiameter)は、その1つ下のサイズの外径(OuterDiameter)よりも小さい値を持つ必要があり、コンフィギュレーションのセット全体が、開いている間隔なく、最大サイズから最初サイズを網羅している必要があります。

クリップに関する作業手順は次を参照してください:

 



トピックについてフィードバックを送信

ヘルプに関してフィードバックを送信することができます。しかし、ドキュメンテーション グループはテクニカル サポートに関する質問に答えることはできません。 テクニカル サポートに関する情報はここをクリックしてください

* 必要項目

 
*電子メール:  
件名:   トピックのフィードバック
ページ:   ケーブル クリップ(Cable Clips)
*コメント:  
*   プライバシー ポリシーを読み、個人情報が Dassault Systèmes によって使用されることに同意します。

トピックの印刷

印刷するコンテンツの範囲を選択:



x

Internet Explorer 7 より古いブラウザ バージョンが検知されました。 表示を最適化するにはInternet Explorer 7 以上のブラウザ バージョンにアップグレードしてください。

 今後このメッセージを表示しない
x

Web ヘルプ コンテンツ バージョン: SOLIDWORKS 2012 SP05

SOLIDWORKS で Web ヘルプを無効にして、ローカル ヘルプを使用するには、ヘルプ > SOLIDWORKS Web ヘルプ使用 をクリックしてください。

Web ヘルプのインタフェースや検索機能に関する問題は、お客様のサポート担当者までご連絡ください。各トピック ページの「トピックについてフィードバックする」リンクを使用し、各ヘルプ トピックについてフィードバックを送信することもできます。