目次を表示しない

ルーティング オプション (Routing Options)

アドインの SolidWorks Routing がアクティブな場合、ルーティング オプションを使用できます。ルーティング ファイル位置(routing file locations)の変更も可能です。

一般的なルーティング設定(General routing settings)

全リセット(Reset All)は、アクティブ ページのオプションだけでなく、すべてのシステムのオプションをデフォルト設定に戻します。
フランジ/コネクタがドロップされたら自動的にルートを作成 フランジ、チューブ用管継手、電気コネクタ等のルーティング構成部品をアセンブリにドロップし、自動的にルート サブアセンブリを作成し、ルーティングの作成を開始する際に選択します。
クリップがドロップされたら自動的にルートを作成 フレキシブルな電気ケーブル用です。クリップがルートに配置された場合に、自動的に現在のルートの終わりからドラッグ&ドロップ クリップによりスプラインを生成する際に選択します。
ルート設定にデフォルト テンプレートを常時使用(Always use default document template for routes): 選択されたとき、ソフトウェアは自動的にルーティング ファイル位置(Routing File Locations)のルーティング テンプレート(Routing Template)フィールドで指定されたデフォルト テンプレートを使用します。選択解除すると、ルート アセンブリを作成する度にテンプレートを指定するようプロンプトするメッセージが表示されます。
スケッチ フィレットを自動作成(Automatically create sketch fillets): スケッチとともに、自動的にフィレットが交点に追加されます。フィレット半径は、選択したエルボ部品、ベンド半径、または最大ケーブル直径に基づいています。このオプションは、ルーティング アセンブリのパスとして使用される 3D スケッチだけに適用されます。
ルートのスタブに自動的に寸法を追加する: コネクタ、または管継手が動かされるとき、コネクタ、または管継手から延長したスタブ長さの寸法が、これらのルートセグメントで正確に更新するようにします。
ルート エラー チェックを有効にする 標準的なエラーチェックのほかに、FeatureManager デザイン ツリーとエラー内容(What’s Wrong)ダイアログ ボックスで、次のエラーのルートをチェックし、PM_error.gif に影響を受けたアイテムにフラグを付けます。
配管とチューブルートで:
  • 不明なエルボ:不明な、または削除されたフィレットと円弧を検出します。
  • 不明な拘束:T継手、十字継手などで不明な、または削除された拘束を検出します。
  • 整列していないレジューサ:レジューサの整列していないルート プロパティ値を検出します。
電気ルートで:
  • 最小ベンド半径違反
エラー バルーンを表示(Display error balloons):ルート エラー チェックを有効にする(Enable route error checking)が選択されているときのみ有効です) 修正方法?(How do I fix this?)をクリックすることにより、エラー修正のための詳細なエラーメッセージを表示します。
部品表にカバーを追加 部品表にルーティング アセンブリのカバーを含めます。
ルート アセンブリを外部に保存 ルート アセンブリを外部のファイルとして保存します。代わりに、ルートを仮想構成部品として保存するために選択解除します。
ルート部品を外部に保存 ルート 構成部品を外部のファイルとして保存します。代わりに、構成部品を仮想構成部品として保存するために選択解除します。
ルート部品の名前を自動的に指定(Use automatic naming for route parts): 選択すると、ルート部品の名前が自動的に指定されます。選択解除すると、ルート部品またはアセンブリを作成する度に名前を入力するようプロンプトするメッセージが表示されます。
構成部品の位置と方向の指定にトライアドを使用 ルート構成部品または部品を配置するたびに、トライアドを表示します。
構成部品の回転増分値(角度)(Component rotation increment (degrees)): エルボ、T 継手、十字継手を配置するときにShiftを押しながら、左または右矢印キーを押すことにより回転させることができます。回転の増分値は度単位で選択します。
接続点とルート点のテキスト サイズ(Text size for connection and route points): 接続点やルート点をドキュメントの注記フォントに対してテキストをスケール化します。サイズ範囲の下部でテキストは非表示になりますが、点を選択することはできます。

配管/チューブ(Piping/Tubing)

ユーザー定義管継手を作成(Create custom fittings): 必要に応じて自動的にデフォルトの エルボ管継手のユーザー定義コンフィギュレーションを作成します。これが可能なのは、標準のエルボ コンフィギュレーションを縮小してユーザー定義エルボを作成できる場合だけです。

社内標準で縮小エルボが認められていない場合は、ユーザー定義管継手を作成(Create custom fittings)チェック ボックスを選択解除してください。場合によっては、標準ベンド角度のフィレットだけが使用されるように 3D スケッチを修正する必要があります。

開放セグメントの配管化(Create pipes on open line segments): 片方のみ管継手に接続している 3D スケッチ セグメントの配管を作成します。例えば、ルートの端部にフランジを追加していない場合、スケッチの最後のセグメント (最後の管継手を越えたパイプ部分) は開放セグメントです。このオプションが選択解除されていないと、開いたセグメントには配管は作成されません。

例:

電気ケーブル(Electrical cabling)

ケーブルの最小ベンド半径チェックを有効にする(Enable minimum bend radius check for cables): ルートの円弧またはスプラインのベンド半径がケーブル ライブラリの「ケーブル」で指定した最小値よりも小さい場合にエラーがレポートされます。
ワイヤの最小ベンド半径チェックを有効にする(Enable minimum bend radius check for wires): ルートの円弧またはスプラインのベンド半径がケーブル ライブラリの「個別のワイヤ」または「ケーブルのコア」で指定した最小値よりも小さい場合にエラーがレポートされます。アセンブリに複数のワイヤが存在する場合、このオプションによってパフォーマンスが遅くなることがあります。
デフォルト ベンド半径のチェックは、チューブや電気ルートで常に実行されます。ルート内の円弧やスプラインのベンド半径がチューブ、またはバンドル直径の3倍の値よりも小さい場合にエラーをレポートします。
緩み率(Slack percentage): 自動的に実際のインストレーションのときに生じるたるみやよじれを考慮し、計算される電気ケーブルのカット長さは緩み率に応じて増加します。

スプール

スプール名フォーマット(Spool name format): Spool-001 を最初のスプールに割り当て、後続のスプールごとに番号が増分します。
隣接構成部品プロパティ(Adjoining component properties): 隣接構成部品に色を割り当てると、スプール内で他の構成部品と区別しやすくなります。


トピックについてフィードバックを送信

ヘルプに関してフィードバックを送信することができます。しかし、ドキュメンテーション グループはテクニカル サポートに関する質問に答えることはできません。 テクニカル サポートに関する情報はここをクリックしてください

* 必要項目

 
*電子メール:  
件名:   トピックのフィードバック
ページ:   ルーティング オプション (Routing Options)
*コメント:  
*   プライバシー ポリシーを読み、個人情報が Dassault Systèmes によって使用されることに同意します。

トピックの印刷

印刷するコンテンツの範囲を選択:



x

Internet Explorer 7 より古いブラウザ バージョンが検知されました。 表示を最適化するにはInternet Explorer 7 以上のブラウザ バージョンにアップグレードしてください。

 今後このメッセージを表示しない
x

Web ヘルプ コンテンツ バージョン: SOLIDWORKS 2012 SP05

SOLIDWORKS で Web ヘルプを無効にして、ローカル ヘルプを使用するには、ヘルプ > SOLIDWORKS Web ヘルプ使用 をクリックしてください。

Web ヘルプのインタフェースや検索機能に関する問題は、お客様のサポート担当者までご連絡ください。各トピック ページの「トピックについてフィードバックする」リンクを使用し、各ヘルプ トピックについてフィードバックを送信することもできます。