目次を表示しない

Instant3D 有効断面平面(Instant3D Live Section Planes)

有効断面平面は、任意の平面を使ってダイナミックにモデルを断面表示することができます。有効断面平面を異なった視点から設計業務にアプローチする分析ツールとして使用してください。複数の有効断面平面を永続的に表示しておくことにより、モデルとともに自動的に保存されます。

有効断面平面の表示を切り替えるには、表示(View)、有効断面平面(Live Section Planes)をクリックします。

有効断面平面は非モーダルです(形式がありません)。有効断面平面を使う間に材料を加えたり、次にフィーチャーを加えたり、あるいは、他の Instant3D 機能を使うことができます。

有効断面平面を使用するには:

  1. 平坦な面、もしくは平面を選択し、右クリックして、有効断面平面(Live Section Plane)を選択します。

平面は選択した面に基づいてサイズが決定されます。ハンドルをドラッグして平面のサイズを変更できます。有効断面平面が全て保存された有効断面平面フォルダーがFeatureManager デザインツリーに表示されます。

  1. 有効断面平面フォルダーで、平面を選択してLSP1という名前に変更します。

  2. グラフィックス領域内をクリックします。

有効断面平面は非アクティブ化され、平面のハンドルが非表示になります。平面トライアドも非表示になります。

 

 

  1. 平面の境界を右クリックして部品にフィット(Fit to Part)を選択します。

平面のサイズが大きくなり、ボディ全体を選択することができます。

他のショートカット メニューを使って、有効断面平面を元の状態に戻したり、非表示にしたりすることができます。

 

 

  1. トライアドのハンドルをドラッグしてモデルをダイナミックに断面を表示します。

正確な計測のために、ルーラー(ruler) が表示されます。

編集不可能なエッジは編集可能エッジとは異なる色を使用します。これらの色はカスタマイズできません。

 

 

  1. いつでも、有効断面平面をドラッグするのを中止し、断面輪郭にルーラーを示すよう選択し、次にそのエンティティーのモデルジオメトリを修正することができます。

エンティティを測定するには ツール(Tools)、測定(Measure)を選択してエンティティを選択します。

 

 

  1. 異なる角度でモデルを選択するために、トライアドのリングを有効断面平面を回転するために使うことができます。分度器が表示されますので正確な角度を指定できます。

  2. グラフィック領域でLSP1を右クリックし、非表示 .(Hide)を選択します。

有効断面平面 フォルダ内のアイコンは、平面の表示状態を示しています。また、トライアド非表示(Hide Triad) をクリックして一次的にトライアドを非表示にすることができます。

参考例では、どのように有効断面平面をドラッグし、断面輪郭を変更し、有効断面平面を回転させるかを示しています。



トピックについてフィードバックを送信

ヘルプに関してフィードバックを送信することができます。しかし、ドキュメンテーション グループはテクニカル サポートに関する質問に答えることはできません。 テクニカル サポートに関する情報はここをクリックしてください

* 必要項目

 
*電子メール:  
件名:   トピックのフィードバック
ページ:   Instant3D 有効断面平面(Instant3D Live Section Planes)
*コメント:  
*   プライバシー ポリシーを読み、個人情報が Dassault Systèmes によって使用されることに同意します。

トピックの印刷

印刷するコンテンツの範囲を選択:



x

Internet Explorer 7 より古いブラウザ バージョンが検知されました。 表示を最適化するにはInternet Explorer 7 以上のブラウザ バージョンにアップグレードしてください。

 今後このメッセージを表示しない
x

Web ヘルプ コンテンツ バージョン: SOLIDWORKS 2012 SP05

SOLIDWORKS で Web ヘルプを無効にして、ローカル ヘルプを使用するには、ヘルプ > SOLIDWORKS Web ヘルプ使用 をクリックしてください。

Web ヘルプのインタフェースや検索機能に関する問題は、お客様のサポート担当者までご連絡ください。各トピック ページの「トピックについてフィードバックする」リンクを使用し、各ヘルプ トピックについてフィードバックを送信することもできます。