Expand はじめにはじめに
Expand 管理管理
Expand ユーザー インターフェースユーザー インターフェース
Expand SOLIDWORKS の基礎SOLIDWORKS の基礎
Expand 2D から 3D へ移行2D から 3D へ移行
Expand アセンブリアセンブリ
Expand CircuitWorksCircuitWorks
Expand コンフィギュレーションコンフィギュレーション
Expand SOLIDWORKS CostingSOLIDWORKS Costing
Expand Design CheckerDesign Checker
Expand SOLIDWORKS のデザイン スタディSOLIDWORKS のデザイン スタディ
Expand 詳細設定と図面詳細設定と図面
Expand DFMXpressDFMXpress
Expand DriveWorksXpressDriveWorksXpress
Expand FloXpressFloXpress
Expand SLDXML データ交換SLDXML データ交換
Expand インポート/エクスポートインポート/エクスポート
Expand モデル表示モデル表示
Expand モールド設計モールド設計
Expand モーション スタディモーション スタディ
Expand 部品とフィーチャー 部品とフィーチャー
Expand ルーティングルーティング
Expand 板金板金
Expand シミュレーションシミュレーション
Expand SimulationXpressSimulationXpress
Expand スケッチングスケッチング
Expand SOLIDWORKS MBDSOLIDWORKS MBD
Expand SOLIDWORKS UtilitiesSOLIDWORKS Utilities
Expand SOLIDWORKS SustainabilitySOLIDWORKS Sustainability
Expand 公差公差
Expand TolAnalystTolAnalyst
Expand ToolboxToolbox
Expand 溶接溶接
Collapse Workgroup PDMWorkgroup PDM
SOLIDWORKS Workgroup PDM と SOLIDWORKS Explorer
Workgroup PDM へようこそ
Workgroup PDM の構成
Workgroup PDM におけるルール
最適な作業方法
ヘルプ
API
Expand クライアントクライアント
Collapse VaultAdminVaultAdmin
VaultAdminの概要
ボルトアドミンへのログイン
ボルトの設定
ライセンス管理
ボルト管理
Workgroup PDM ボルト メタデータの再構築
Expand ユーザー と グループユーザー と グループ
VaultAdmin 検索
リビジョンの設定
リビジョン テーブル
ライフサイクル
Expand プロジェクトプロジェクト
アクセス権限
バルク チェックイン
プロジェクトのコピー
選択/置き換えの詳細設定
ドキュメント リビジョンのアーカイブ
プロパティ
Expand プロパティのマッピングプロパティのマッピング
規格ライブラリ
Expand Toolbox と SOLIDWORKS Workgroup PDMToolbox と SOLIDWORKS Workgroup PDM
VaultAdminの更新
Expand Workgroup PDM タスクのスケジュールWorkgroup PDM タスクのスケジュール
ボルト管理者のためのFAQ
Expand プロジェクトのインポート/エクスポートプロジェクトのインポート/エクスポート
Expand ボルトボルト
Expand トリガートリガー
Expand SOLIDWORKS ExplorerSOLIDWORKS Explorer
Expand トラブルシューティングトラブルシューティング
用語集
目次を表示しない

ボルト管理

[ボルト管理] タブを使用すると、マイクロソフト管理コンソールを開かずに Workgroup PDM ボルト サービスを管理することができます。

ボルト情報(Vault information)

ボルト情報では次の読み取り専用情報を提供します:

ボルト コンピュータ ボルトが存在するコンピュータをいいます。
ルート ディレクトリ ボルト フォルダー。 このディレクトリに削除したファイルやプロジェクト、管理者用のファイルなどのプロジェクトやフォルダーが表示されます。 ログ ファイルはルート ディレクトリに表示されます。
変更 ボルトのルート ディレクトリを変更します。

ボルトの起動時

ボルトの検証 SOLIDWORKS Workgroup PDM は、ボルト内の各プロジェクトを検索し、各ドキュメントが有効であるかどうかチェックします。 このプロセスを実行する頻度を選択します:

次回起動時

ボルトの検証を実行するオプションは、次回、検証に成功した後にはクリアされます。

起動時ごと

ボルトは、各インストレーション後に検証され、オプションの設定に関係なくアップグレードされます。

サービス

サービス セクションでは、Microsoft 管理コンソールを開かないで SOLIDWORKS Workgroup PDM Server サービスを停止または開始できます。
ステータス サービスが開始されているのか停止されているのかを示します。
メモリー使用量 Workgroup PDM Server サービスで使用しているメモリーの量。
開始 Workgroup PDM Server サービスが停止している場合に開始します。

[ボルト管理] タブからこのサーバーを開始した場合、VaultAdmin ツールは終了されて、ログイン ダイアログ ボックスに戻ります。

停止(Stop) Workgroup PDM Server サービスが実行中の場合に停止します。

サーバーを停止した場合、SOLIDWORKS Workgroup PDM Server ログ ファイルの保存など、[ボルト管理] タブ上の他の作業は実行できます。 ただし、VaultAdmin ツールの他のタブにはアクセスできません。

次回起動時

このセクションのオプションを使用すると、今すぐ、または次回ボルト サービスの起動時にボルトが再構築されます。

Vault の再構築 次回、ボルト サービスの起動時にボルトを再構築します。
ログを名前変更 ボルトのログ ファイルを保存してクリアします。 再構築プロセス用に、再構築の日時を使用した名前の付いた新しいログが作成されます。 ログには、再構築の一部分として実行された変更が含まれています。
最新フォルダーを更新 グローバル設定の最新ファイルのコピーを別途保存(Keep extra copy of latest files)を適用します。
カタログを再構築 既存の Microsoft インデックス サービス カタログを削除し、新しいカタログを作成します。
大規模なボルトの場合、カタログの再構築に長時間かかることがあります。
今すぐ再構築(Rebuild Now) ボルトを今すぐ再構築します。

ボルト ログ

ログ ファイルは、アドミン権限者が問題をトラブルシューティングし、テクニカル サポートにレポート可能な情報を保存します。

ボルト ログのサイズとその期間が表示されます。

保存

ログファイルを指定の場所に保存します。 ログファイルは、メモ帳などの任意のテキストエディターで開くことができます。

クリア

ログ ファイルを削除します。 ファイルは、削除後、データを蓄積します。

ログファイルを保存、または削除中にボルトでの作業を防ぐにはボルトをロック、またはサービスを停止します。

ボルトをロック解除し忘れた場合、[ボルトアドミン (VaultAdmin)] ツールからログアウトすると SOLIDWORKS Workgroup PDM は自動的にボルトをロック解除します。



トピックについてフィードバックを送信

ヘルプに関してフィードバックを送信することができます。しかし、ドキュメンテーション グループはテクニカル サポートに関する質問に答えることはできません。 テクニカル サポートに関する情報はここをクリックしてください

* 必要項目

 
*電子メール:  
件名:   トピックのフィードバック
ページ:   ボルト管理
*コメント:  
*   プライバシー ポリシーを読み、個人情報が Dassault Systèmes によって使用されることに同意します。

トピックの印刷

印刷するコンテンツの範囲を選択:




x

Internet Explorer 7 より古いブラウザ バージョンが検知されました。 表示を最適化するにはInternet Explorer 7 以上のブラウザ バージョンにアップグレードしてください。

 今後このメッセージを表示しない
x

Web ヘルプ コンテンツ バージョン: SOLIDWORKS 2017 SP05

SOLIDWORKS で Web ヘルプを無効にして、ローカル ヘルプを使用するには、ヘルプ > SOLIDWORKS Web ヘルプ使用 をクリックしてください。

Web ヘルプのインタフェースや検索機能に関する問題は、お客様のサポート担当者までご連絡ください。各トピック ページの「トピックについてフィードバックする」リンクを使用し、各ヘルプ トピックについてフィードバックを送信することもできます。