Expand はじめにはじめに
Expand 管理管理
Expand ユーザー インターフェースユーザー インターフェース
Expand SOLIDWORKS の基礎SOLIDWORKS の基礎
Expand 2D から 3D へ移行2D から 3D へ移行
Expand アセンブリアセンブリ
Expand CircuitWorksCircuitWorks
Expand コンフィギュレーションコンフィギュレーション
Expand SOLIDWORKS CostingSOLIDWORKS Costing
Expand Design CheckerDesign Checker
Expand SOLIDWORKS のデザイン スタディSOLIDWORKS のデザイン スタディ
Expand 詳細設定と図面詳細設定と図面
Expand DFMXpressDFMXpress
Expand DriveWorksXpressDriveWorksXpress
Expand FloXpressFloXpress
Expand SLDXML データ交換SLDXML データ交換
Expand インポート/エクスポートインポート/エクスポート
Expand モデル表示モデル表示
Expand モールド設計モールド設計
Expand モーション スタディモーション スタディ
Expand 部品とフィーチャー 部品とフィーチャー
Expand ルーティングルーティング
Expand 板金板金
Expand シミュレーションシミュレーション
Expand SimulationXpressSimulationXpress
Expand スケッチングスケッチング
Expand SOLIDWORKS MBDSOLIDWORKS MBD
Expand SOLIDWORKS UtilitiesSOLIDWORKS Utilities
Expand SOLIDWORKS SustainabilitySOLIDWORKS Sustainability
Expand 公差公差
Expand TolAnalystTolAnalyst
Expand ToolboxToolbox
Expand 溶接溶接
Collapse Workgroup PDMWorkgroup PDM
SOLIDWORKS Workgroup PDM と SOLIDWORKS Explorer
Workgroup PDM へようこそ
Workgroup PDM の構成
Workgroup PDM におけるルール
最適な作業方法
ヘルプ
API
Expand クライアントクライアント
Collapse VaultAdminVaultAdmin
VaultAdminの概要
ボルトアドミンへのログイン
ボルトの設定
ライセンス管理
ボルト管理
Workgroup PDM ボルト メタデータの再構築
Expand ユーザー と グループユーザー と グループ
VaultAdmin 検索
リビジョンの設定
リビジョン テーブル
ライフサイクル
Expand プロジェクトプロジェクト
アクセス権限
バルク チェックイン
プロジェクトのコピー
選択/置き換えの詳細設定
ドキュメント リビジョンのアーカイブ
プロパティ
Expand プロパティのマッピングプロパティのマッピング
規格ライブラリ
Expand Toolbox と SOLIDWORKS Workgroup PDMToolbox と SOLIDWORKS Workgroup PDM
VaultAdminの更新
Expand Workgroup PDM タスクのスケジュールWorkgroup PDM タスクのスケジュール
ボルト管理者のためのFAQ
Expand プロジェクトのインポート/エクスポートプロジェクトのインポート/エクスポート
Expand ボルトボルト
Expand トリガートリガー
Expand SOLIDWORKS ExplorerSOLIDWORKS Explorer
Expand トラブルシューティングトラブルシューティング
用語集
目次を表示しない

リビジョンの設定

VaultAdmin の リビジョンの設定 タブでボルトにある全ドキュメントのリビジョン設定の構造を定義します。 VaultAdmin の リビジョン テーブル タブで、SOLIDWORKS 図面のリビジョン テーブルのコントロールを可能にします。

Workgroup PDM では次のようなリビジョン設定がデフォルトで指定されます。
第1 セパレータ 第2 セパレータ 3番目 ワーキング コピー
レンジ(Range)   レンジ(Range)     文字
A-Z -(負符号) 01-99     + (正符号)
色の付いた背景をもつボックスの設定が、アクティブな設定です。

リビジョン文字として、大文字のみを使用してください。

? " < > の記号をリビジョン名に使用することはできません。 これらの使用できない記号は、Windows でファイル名を作成する際に使用できない記号と同じものです。 ピリオドは(.)は、区切り文字(セパレータ)として使用できますが、リビジョン スキームのフィールド内で使用することはできません。

スペース(空白)はリスト アイテム内に表示でき(例えば作業中(In Work)など)、また区切り文字(セパレータ)としても使用できますが、ワーキング コピーとして使用することはできません。 空白のリスト アイテムは使用できません。

リビジョンの設定の例(Example Revision Scheme)

この例では、Workgroup PDM で使用可能なすべてのリビジョン レベルを使用した設定の例を示しています。



  • ボルトではワーキング コピーのリビジョン以外のすべてのリビジョンのコピーが保持されます。 ワーキング コピーのリビジョンのチェックインはドキュメント情報(Document Information)の履歴タブに記録されます。
  • ドキュメントはリビジョンの設定内を先に進むことのみ可能で(例えば、A から B へ)、逆に(例えば、上記の1番目(Primary)のリストで DEV から PRE に)戻ることはできません。
  • リビジョンの設定はいつでも変更できます。 但し、ボルト内の既存ドキュメントは影響を受けません。 変更後にチェックインしたドキュメントに対しては新規のリビジョンの設定が適用されます。

リビジョンの設定を指定するには:

次のオプションから選択し、適用をクリックします。

リビジョン情報(Revision information)

すべてのリビジョン レベルを設定する必要はありません。

1番目(Primary)、2番目(Secondary)、3番目(Tertiary) レンジ(Range)またはリスト表示を選択し、次のオプションから選択します。

レンジ(Range)

レンジを使用するには、レンジ(Range)を選択し、開始(From)と終了(To)ボックスを文字や数字のレンジに設定します。

一致する開始(From)と終了(To)のコラムのレンジは、同じタイプ(つまり、アルファベットか数値)である必要があります。 開始(From)と終了(To)の値の差が必ず正の値になるように指定します。 例えば、アルファベットのレンジ(範囲)としてAからZまでを指定することはできますが、AからAまで、あるいはBからAまでを指定することはできません。また、数字によるレンジを設定する場合、始めの値と終わりの値の桁数は同じでなければなりません。 例えば、レンジを 1 から 99 に指定する場合は 0199 を入力します。

リスト表示

リストを使用するには、リスト表示を選択し、リスト用のラベル(開発、リリース候補など)を入力します。

レンジが連続していない場合(X、A、B、C など)には、リスト表示を使用します。 長いリストでは、メモ帳などのワードプロセッサでリストを作成し、Workgroup PDM のリスト表示ボックスにリストをコピーし、貼り付けます。

セパレータ ダッシュ(-)などのセパレータを入力し、1 番目(Primary)と 2 番目(Secondary)の設定と 2 番目(Secondary)と 3 番目(Tertiary)の設定を区別します。 セパレータを指定しない場合、リビジョン番号は並んだ状態になります。例えば、A9。
ワーキング コピー ワーキング コピー ドキュメントを識別するための文字を入力してください。

チェックボックス(Check Boxes)

次のいずれかのオプションを選択します。(ただし、両方を選択することはできません)

連続したリビジョン(Sequential revisioning) リビジョンを組み合わせて一つのリビジョンを作成するのではなく、リビジョンを循環させます。 例えば、連続したリビジョンを指定しなければ、A-Z1 番目(Primary)のレンジと 1-92 番目(Secondary)のレンジによって、リビジョン A1A2A3....Z9 が生成されます。連続したリビジョンを指定すると、リビジョンは、ABC...Z の次に、19 になります。定義したセパレータは使用されません。
最後のリビジョン タイプはオプション 最後のリビジョン タイプを省略するオプションを設定できます。 例えば、1 番目(Primary)、2 番目(Secondary)、3 番目(Tertiary)のレベルを設定する場合、ユーザーは 3 番目(Tertiary)のリビジョンの設定を使用する必要はありません。 次のようなシーケンスを使用できます: A1a, A1b, A1c, A2, A2a, A2b, A2c, A3 など。


トピックについてフィードバックを送信

ヘルプに関してフィードバックを送信することができます。しかし、ドキュメンテーション グループはテクニカル サポートに関する質問に答えることはできません。 テクニカル サポートに関する情報はここをクリックしてください

* 必要項目

 
*電子メール:  
件名:   トピックのフィードバック
ページ:   リビジョンの設定
*コメント:  
*   プライバシー ポリシーを読み、個人情報が Dassault Systèmes によって使用されることに同意します。

トピックの印刷

印刷するコンテンツの範囲を選択:




x

Internet Explorer 7 より古いブラウザ バージョンが検知されました。 表示を最適化するにはInternet Explorer 7 以上のブラウザ バージョンにアップグレードしてください。

 今後このメッセージを表示しない
x

Web ヘルプ コンテンツ バージョン: SOLIDWORKS 2017 SP05

SOLIDWORKS で Web ヘルプを無効にして、ローカル ヘルプを使用するには、ヘルプ > SOLIDWORKS Web ヘルプ使用 をクリックしてください。

Web ヘルプのインタフェースや検索機能に関する問題は、お客様のサポート担当者までご連絡ください。各トピック ページの「トピックについてフィードバックする」リンクを使用し、各ヘルプ トピックについてフィードバックを送信することもできます。